FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"体面保ちたいIOC=はしご外された組織委-マラソンと競歩札幌移転案" 東京都が札幌移転案に反対したいなら組織委員会理事会で多数支持を獲得すればよい。顔ぶれを見る限り絶望的であるが、最後は国民の後押し次第!!

 10月19日の時事ドットコムは,”体面保ちたいIOC=はしご外された組織委-マラソンと競歩札幌移転案
 来夏の東京五輪のマラソンと競歩が、札幌で実施される方向になった。国際オリンピック委員会(IOC)が16日に札幌代替案を発表するやいなや、翌17日にトーマス・バッハIOC会長が大会組織委員会との二者間で合意したことを明らかにした。
 組織委の森喜朗会長は「バッハ会長は(ドーハと)同じことが東京で起きたらIOCと東京大会が批判の渦に巻き込まれると考え、決意した」と明かした。
 森会長によると、IOCのコーツ調整委員長から一報を受けたのは11日。バッハ会長の意向が一方的に伝えられた。3連休を挟んで、最終的には16日午後2時の電話で2時間以内の返答を迫られた。組織委は東京都と調整し切れず、30日から開かれる調整委員会での協議を求めるのがやっとだった。小池百合子東京都知事は、IOCが発表する前日の15日まで知らされていなかった。
”と報道した(リンクはこちら)。


 今回の「マラソンと競歩札幌移転案」については一昨日のエントリーで、
しかし問題は「東京都」が拒絶した場合にそれでも「オリンピック大会組織委員会」が強行的に承認申請することが可能かどうかである。
 この点は両者の法的関係の詳細が分からないので何とも言えないが、筋からすればやはりおかしな話だろう。

と書いたのであるが、この「組織委は東京都と調整し切れず、30日から開かれる調整委員会での協議を求めるのがやっとだった。」はどう理解すればいいのだろうか。
 果たしてこれは本決まりではないという意味なのか。
 これについては次の報道が参考になる。

 10月18日の朝日新聞は,”マラソン追加経費、調整委で決着を
 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は18日、ドーハで共同通信の取材に応じ、札幌市で開催する方向となった東京五輪のマラソンと競歩で新たに発生する経費の負担について「全ての疑問点は調整委員会で話し合われる」と指摘し、30日から東京で開かれるIOC調整委の会合で大会組織委員会や東京都と決着することを期待した。
 組織委の森喜朗会長はIOCに負担を求める可能性も示しており、国を含めて追加経費をどこが負担するのかが今後の焦点になりそうだ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「札幌市で開催する方向となった東京五輪のマラソンと競歩で新たに発生する経費の負担について「全ての疑問点は調整委員会で話し合われる」と指摘し、30日から東京で開かれるIOC調整委の会合で大会組織委員会や東京都と決着することを期待した」とあるとおり、この「調整委員会」とはあくまで「IOC」と「大会組織委員会や東京都」との調整の場であって、「大会組織委員会」と「東京都」との調整の場ではないということである。
 したがってこれはやはり本決まりと理解するほかないものである。

 ただまだ望みはある。
 というのは法的には「大会組織委員会」の最終的な意思決定次第だからである。
 「大会組織委員会」の定款には次のとおりある(リンクはこちら)。

第7章 理事会
(構成)
第30条 理事会は、すべての理事をもって構成する。
(権限)
第31条 理事会は、本定款に定めるもののほか、次の職務を行う。
(1) 当法人の業務執行の決定


 したがってすべてはこの「理事会」における決定次第である。
 現在、「理事会」の構成は「組織委員会」のHPに「役員等」として掲載されている(リンクはこちら)。

 定款23条2項には「2 理事のうち1名を会長とし、会長以外の理事の中から副会長、専務理事、常務理事を置く。」とあるから、この会長1名、副会長6名、専務理事1名、常務理事2名、理事25名、計35名が「理事会」を構成することになる。
 したがって「東京都」がこの「マラソンと競歩札幌移転案」に反対したいなら、この35名のうちで18名の支持者を獲得すればよい訳である。
 顔ぶれを見る限り絶望的であるが、最後は国民の後押し次第である。
  1. 2019/10/20(日) 04:53:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"暴れ天竜、河道掘削遅れ 洪水で33万人被災試算も" 洪水対策にはダム建設と並んで「川底を掘って流れを良くする河道掘削」も重要な手法であるが、国の治水予算が落ち込んでいることからすると、遅れは当然の成り行き!! | ホーム | "「越水」堤防を破壊…視察の専門家ら指摘 阿武隈、千曲 流量増え" 越水の原因は千曲川の流域圏の広さかもしれないが、そんなことは有史以来そうだし今さらバイパス河川を掘ることも無理。豪雨時には上流のダムで貯水して千曲川にはできるだけ水を流さない工夫が必要!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4016-e1ead2fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)