FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"首里城正殿、巡回なし空白の時間は51分ではなかった 5時間に拡大" 「城郭内」とは正殿を含む宮殿区域全体を指しているなら、なぜ正殿の前まで行っているのに扉を開けて中を懐中電灯で照らす位のことをしなかったのだろうか!!

 11月7日の沖縄タイムスは,”首里城正殿、巡回なし空白の時間は51分ではなかった 5時間に拡大、火災の経緯
 沖縄美ら島財団は、11月1日の会見で首里城火災が起きた11月1日午前1時43分に正殿内の巡回を終えたと発表したが、6日の国と県との合同会見で城郭内のみに修正した。最後に正殿内の巡回を終えたのは10月31日の午後9時35分で、警備員が火災に気付くまでの空白の時間は51分から5時間に拡大した。

首里城正殿火災の経緯
(10月31日~11月1日)
時間 動き
20:40 組踊上演300周年式典等各作業スタート(御庭)
21:00 業者3名にて正殿内へ扇を所定の場所へ移動(1階南側)
21:05 業者退出確認
21:30 財団職員1名にて正殿内へ紅白ロープを所定の場所へ移動(1階南側)
正殿ブレーカー落とす
21:35 財団職員退出。シャッターを閉め、施錠。 ※火災に気付くまで正殿内の巡回の最後
1:05 御庭での、組踊実行委員会(組踊上演)及び財団発注(国王・王妃出御)イベントに関わる業者の撤収及び退出を財団職員が確認(業者66名、職員3名)
1:20 警備員巡回開始(城郭内) ※沖縄美ら島財団は、11月1日の会見で正殿内も巡回したと発表したが、6日の国と県との合同会見で城郭内のみに修正
1:43 機械警備※起動 SECOM
2:34 機械警備 警報発報(熱感知)
警備員が奉神門内モニター室で確認しSECOMに連絡
”と報道した(リンクはこちら)。


 「沖縄美ら島財団は、11月1日の会見で首里城火災が起きた11月1日午前1時43分に正殿内の巡回を終えたと発表したが、6日の国と県との合同会見で城郭内のみに修正した。」とあるのはそうだろうと思った。
 そうでもなければたった「51分」のうちにあのような大火災が発生する可能性はないからである。

 しかしこの「城郭内」とはどこを指しているのだろうか。
 もし「正殿」を含む宮殿区域全体を指しているなら、普通は「巡回」の際に「正殿内」には立ち入らずとも、「正殿」の扉を開けて中を懐中電灯で照らす位のことはするだろうと思うからである。

 沖縄県のHPにある「営繕のあゆみ'89」という資料には、
昭和61年に首里城公園計画地域約17.8haのうち、城郭内側の区域約4haを国営公園として整備すること、城郭外側の区域約13.8haを県営公園としてせいびすることが閣議決定された。
とある(リンクはこちら)。
 また右側の図面の表には、「首里城郭 (国営区域) 丘陵台地 首里城」ともある。
 したがって「城郭内」とは「正殿」を含む宮殿区域全体を指していると見て間違いないだろう。

 そうだとすれば、なぜ「正殿」の前まで行っているのに扉を開けて中を懐中電灯で照らす位のことをしなかったのだろうか。
 またたとえそうまでしなくとも音や匂いでなぜ火災を感知することができなかったのだろうか。
 はたして本当に「1:20 警備員巡回開始(城郭内)」という事実があったのか、それすらも疑わしくなってくる。
  1. 2019/11/07(木) 08:14:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"芸術祭への補助金取りやめ「あってはならない決定」文化審議会" 「昭和天皇の肖像を燃やすような動画」や特攻隊に対する「間抜けな日本人の墓」という展示はもちろん「慰安婦を象徴する少女像」にも公益は存在しないので補助金を支出することはできない!! | ホーム | "【主張】RCEP妥結断念 先走らずインド取り込め" 断念は当然。そもそもなぜRCEPが必要なのかさっぱり分からない。理由は第1にTPPとの関係、第2に為替問題!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4034-c1ff1fd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)