FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"7~9月期実質GDP速報値、年率0・2%増 4四半期連続のプラス成長も伸びは鈍化" 「民間需要」も「公的需要」もそれなりに頑張っているが、不調なのはやはり「純輸出」つまり「貿易」!!

 11月14日の産経新聞は,”7~9月期実質GDP速報値、年率0・2%増 4四半期連続のプラス成長も伸びは鈍化
 内閣府が14日発表した令和元年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0・1%増で、仮にこの伸び率が1年続いた場合の年率換算は0・2%増だった。4四半期連続のプラス成長を確保したが、4~6月期(前期比0・4%増、年率1・8%増)からは伸びが鈍化した。10~12月期は、民間シンクタンクの間では5四半期ぶりのマイナス成長を見込む向きが多い。
 輸出は0・7%減で2四半期ぶりの減少。日韓関係の悪化などを背景に、輸出に含まれる訪日外国人客の国内消費が減少したことが影響した。米中貿易摩擦の長期化も下押し要因となった。輸入は、堅調な内需や増税前の駆け込み需要を背景に0・2%増だった。
 実質GDP全体への寄与度をみると、内需が0・2%分のプラスと底堅さを維持した半面、輸出から輸入を差し引いた外需は0・2%分のマイナスだった。
 また、景気実感に近いとされる名目GDPについては前期比0・3%増、年率換算は1・2%増だった。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「また、景気実感に近いとされる名目GDPについては前期比0・3%増、年率換算は1・2%増だった。」とあるので、「景気実感に近いとされる名目GDP」について見ておく。
 また「率」で見ていても今一つ実感が沸かないので、例によって「実額」で比較したい。
 内閣府の「名目原系列」、「四半期」、「実額」の統計から、「国内総生産(支出側)」、「民間需要」、「公的需要」及び「純輸出」の指数を比べると次表のとおりである(リンクはこちら)。
 なお「1997」年は過去最大年である。

名目原系列                                                   (単位:10億円)
年月国内総生産(支出側)指数民間需要指数公的需要指数純輸出指数輸出輸入
1997/1- 3.128,903.50 96,801.00 31,643.70 458.9 13,604.8013,145.90
4- 6.131,550.10 98,390.60 31,783.00 1,376.50 13,913.6012,537.10
7- 9.131,128.80 100,611.70 29,069.40 1,447.70 13,856.7012,409.00
391,582.40100295,803.3010092,496.101003,283.1010041,375.1038,092.00
2019/1- 3.138,053.20 103,782.20 33,561.20 709.8 24,596.4023,886.60
4- 6.138,040.70 102,760.30 35,099.30 181 24,075.5023,894.50
7- 9.135,949.60 103,604.40 32,360.60 -15.3 23,508.1023,523.50
412,043.50105.2310,146.90104.8101,021.10109.2875.5026.772,180.0071,304.60

 これを見ると、「民間需要」も「公的需要」もそれなりに頑張っているが、不調なのはやはり「純輸出」である。
 「純輸出」つまり「貿易」に問題があるということは言い換えれば為替問題であり、もっと言えば、対米輸出が黒字である円ドルレートではなく、我が国の貿易ライバルである人民元やウォンとのレートが問題だということである。

 このことを「公的需要」の拡大、つまり財政拡大で解決できるとするのが「MMT」であるが、これは物事の一面しか見ない素人議論である。
 とにかく我が国は人民元やウォンとのレートの問題から逃げてはならない。
  1. 2019/11/15(金) 10:52:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【深層リポート】駿河湾だけのサクラエビが大不漁" 原因としては今のところ、取り過ぎ、海水温の上昇、川の濁りの3点に絞られているが、まだ確定的な原因解明には至っていないよう。取り敢えず中国や韓国は絡んでいなさそう!! | ホーム | "JDI中間決算1086億円赤字 業績改善傾向も債務超過" 3年目に入っても構造改善費用12,054百万円を計上するのだから全体的な動きがスローモー過ぎる。またこれだけ計上できるのは今までいかに水ぶくれ体質だったかということ。「"準国営"の企業」の悪しき体質がもろに露呈している!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4042-cec4a0fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)