FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"織田信成氏が浜田美栄コーチをハラスメント行為で提訴" 当方はこの行動を理解できない。監督とコーチが選手の指導方針を巡って主張が対立したのなら、上司である監督がコーチを解任すれば済むことだから!!

 11月18日の産経新聞は,”【動画あり】織田信成氏が浜田美栄コーチをハラスメント行為で提訴
 フィギュアスケートの2010年バンクーバー冬季五輪男子代表の織田信成氏(32)が18日、9月に関西大アイススケート部の監督を辞任したのは、関大所属の女性コーチによるハラスメント行為が原因だったとして、同コーチに1100万円の慰謝料などを求め大阪地裁に提訴した。
 訴状によると、コーチは浜田美栄氏(60)。同氏は、18年のグランプリファイナルに初出場で優勝した女子の紀平梨花選手(17)らの指導者として知られる。
 関大出身の織田氏は平成29年4月にアイススケート部監督に就任。訴状で織田氏は、就任直前の同年3月ごろから指導方法などをめぐり、浜田氏による無視、陰口といったハラスメント行為が始まったと主張。精神的苦痛を受け、監督業を継続することができなくなった、としている。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「フィギュアスケートの2010年バンクーバー冬季五輪男子代表の織田信成氏(32)が18日、9月に関西大アイススケート部の監督を辞任したのは、関大所属の女性コーチによるハラスメント行為が原因だったとして、同コーチに1100万円の慰謝料などを求め大阪地裁に提訴した。」とあるが、当方はこの行動を理解できない。
 というのは「監督」と「コーチ」が選手の指導方針を巡って主張が対立することは普通に考えられることだから、もしそうなったのなら、「ハラスメント」などと言わずに上司である「監督」が「コーチ」を解任すれば済むことだからである。

 もちろん「コーチ」の契約相手は「監督」ではなく「関大」だから、「監督」には「コーチ」の解任権がない可能性もある。
 しかし「監督」が「関大」に解任を要求したにも関わらず、「関大」がもしそれを了承しないと言うことになれば、何らかの意味で「関大」側には「監督」契約において債務不履行の事実が発生することになるのではないか。

 ネットで「解任権」を検索すると、出てくるのは取締役の解任権ばかりである。
 株式会社で言えば、「監督」はもちろん代表取締役である。
 では「コーチ」は何か。

 もし取締役と解すれば、「監督」に「コーチ」の解任権がないことは当然となる。
 しかし「コーチ」の役割からすればもう少し下の担当部長クラスだろう。
 そうだとすれば上司の指示に従わない従業員は降格というのが普通の考え方ではないか。
 とにかく今後の成り行きを見守りたい。
  1. 2019/11/20(水) 01:22:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"韓国文化体育観光部長官「軍艦島世界遺産登録後の後続措置まともにされていない」" これは当時の日本側の言うことが間違っているが、すでにそれは「情報センターを東京に作る」ことで果たされているから、今さら「まともにされていない」と言われる筋合いはない!! | ホーム | "日韓合同でりゅうぐう観測 来秋にも、北大の特殊望遠鏡で" 国立大学法人が承継した国有財産は「普通財産」として管理される。今回の日韓合同チームによる観測が韓国に対する貸し付けに該当するかどうかは微妙であるが、もしそうなら日本側にそうすべき明確な理由が必要!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4047-cf1618b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)