FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"日立化成売却、昭和電工と交渉 日立、社会インフラに集中" 何のことはない基本的には同業だから、「日立」の名前を失う社員にとっては辛いことかもしれないが、何の違和感もなく合併は進むだろう!!

 11月26日の産経新聞は,”日立化成売却、昭和電工と交渉 日立、社会インフラに集中
 日立製作所が子会社の化学メーカー、日立化成の有力な売却先として昭和電工と交渉していることが25日、分かった。日立製作所は経営資源をITや社会インフラに集中する方針を掲げており、日立化成との事業面の相乗効果は小さいと判断、売却の検討を進めてきた。
 日立化成は半導体やリチウムイオン電池向けの材料などを手掛けている。
 日立製作所は事業の選択と集中を進めており、今年に入って車載機器のクラリオンを売却する一方、自動車部品を手掛ける日立オートモティブシステムズをホンダ系の部品メーカーと合併させることを決めた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「リチウムイオン電池」と言えばノーベル賞の絡みで脚光を浴びているので、無関心ではいられない。
 それにしても不思議なのは「日立化成との事業面の相乗効果は小さい」とあるが、「リチウムイオン電池」もさることながら、「半導体」は十分「IT」と関係はあると思うが、なぜそのように判断できるのかということである。

 考えられる最大の理由はおそらく「日立製作所」の「IT」もおそらくソフト領域に比重が移っているからだろう。
 例えば「日立製作所」のHPで「IT(情報・通信)」の「製品」を見ると、
統合プラットフォーム
 サーバ
 ストレージ
 ネットワーク
 ソフトウェア
 パソコン
 プリンタ
 情報制御プラットフォーム

とある(リンクはこちら)。
 これらのうちハードは「サーバ、ストレージ、パソコン、プリンタ」の4つで残りの4つはソフト領域である。
 「サーバ、ストレージ」がどれだけ売れているかしらないが、「パソコン、プリンタ」はもはやほとんど売れていないから、主体はやはりソフト領域の4つだろう。

 さて問題は「日立化成」を傘下に収めた「昭和電工」が今後、どういう展開を遂げるかである。
 「昭和電工」という名前からすると、設備か電材のメーカーかなと思ったのであるが、「昭和電工」のHPには次のとおりある(リンクはこちら)。
   
昭和電工は、国産技術によるアンモニアの製造をわが国で最初に実現した昭和肥料株式会社と、日本で初めてアルミニウムの商業生産を開始した日本沃度株式会社(1934年に日本電気工業株式会社に社名変更)の合併により1939年に設立され、本年80周年を迎えました。
 昭和電工グループは、わが国の重要な資源である豊富な水力に着目。水力発電を生かした電気化学工業の将来性に注目することから出発し、無機化学・有機化学・金属材料へと発展を遂げてまいりました。現在は、石油化学、化学品、エレクトロニクス、無機、アルミニウムなどの素材・部品・技術を幅広く有し、さまざまな分野で生活に必要な製品を提供することで、豊かさと持続性が調和する社会の創造に貢献しております。


 「電気化学工業」とあるから、何のことはない基本的には「日立化成」と同業である。
 「日立」の名前を失う「日立化成」の社員にとっては辛いことかもしれないが、何の違和感もなく合併は進むだろうし、おそらく企業業績的にもまさに「相乗効果」が働くだろう。
  1. 2019/11/26(火) 08:10:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"韓国とASEAN「保護貿易に反対」 特別首脳会議閉幕" ライダイハンとラオスダム決壊という大きな2つの問題を放置しながら、韓国・東南アジア諸国連合特別首脳会議を開催しようとする文在寅大統領の面の皮の厚さには驚嘆すべきものがある!! | ホーム | "KARAの元メンバー、ク・ハラさん自殺か 自宅で遺体見つかる 韓国メディア報道" 14日から日本ツアーを行っていたことからすれば衝撃的。親友の死に思いを致した衝動的な自殺なのかもしれないが、根底にはやはり韓国社会の異様なねたみ・やっかみ体質!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4053-af40371d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)