FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"【田村秀男のお金は知っている】無駄ガネを今回も…安倍政権は成長無縁の「泥縄式経済対策」を繰り返すのか" 今回の大規模な経済対策は彼ら、財政拡大派がずっと主張してきたことのとおりなのだから素直に称賛しておけばいいものを、なぜ田村秀男がこのように頓珍漢に批判するのかさっぱり分からない!!

 12月7日の産経新聞は,”【田村秀男のお金は知っている】無駄ガネを今回も…安倍政権は成長無縁の「泥縄式経済対策」を繰り返すのか
 安倍晋三政権は補正予算など経済対策の検討を急いでいるが、いつもの泥縄式、緊縮財政路線上での単発的財政出動であり、先行きの経済成長にはつながりそうにない。
 経済再生は、成長分野に先行投資することで可能になるが、政府は平時の感覚で民間任せにする。国内の慢性デフレとゼロ成長に見切りを付けた産業界は海外投資に重点をシフトさせている現実を、政府は無視する。
 他方で、にわか景気対策だけは財政資金を大盤振るまいする。与党は10兆円規模の経済対策を求めており、安倍政権も前向きのようだ。その場しのぎ、一過性の大型補正予算であれば、緊縮一本やりの財務官僚も折れてくるので、政治家のほうも「してやったり」という自己満足に浸る。
 結果はどうか。経済は成長するのか?
 12、13年度は大型補正による経済対策が実行されたのだが、合わせて25兆円規模の財政上積みにもかかわらず、名目GDPは13兆円しか増えていない。消費税率を3%の大幅で引き上げると実質成長率はマイナスに落ち込み、その後は1%前後の成長率が続く。将来の経済成長に結びつかない無駄ガネを今回もばらまくのだろうか。(産経新聞特別記者)
”と報道した(リンクはこちら)。


 「安倍晋三政権は補正予算など経済対策の検討を急いでいるが、いつもの泥縄式、緊縮財政路線上での単発的財政出動であり、先行きの経済成長にはつながりそうにない。」とあるが、内容が朝日新聞と瓜二つであり支離滅裂である。
 「先行きの経済成長にはつながりそうにない」のは事実であるが、それは「泥縄式、緊縮財政路線上での単発的財政出動」だからではなく、所詮、カンフル剤にしか過ぎない「財政出動」には元々そのような経済効果がないだけのことである。
 そしてそれでも「財政出動」が重要なのは災害対策や安全保障政策のように欠くことができないからである。
 逆に言えばそのような経済効果がないからこそ「財政」が担うのである。

 また「先行きの経済成長にはつながりそうにない」ことの理由としてあげられている「国内の慢性デフレとゼロ成長に見切りを付けた産業界は海外投資に重点をシフトさせている現実を、政府は無視する。」も全く間違いである。
 第1に「産業界は海外投資に重点をシフトさせている現実」はむしろ10~20年前のことであり、現在は円安と海外の人件費の上昇により、徐々に国内投資に戻りつつある状況にある。
 第2に過去における「国内の慢性デフレとゼロ成長に見切りを付けた産業界は海外投資に重点をシフトさせている現実」は因果関係が逆であり、産業界が「海外投資に重点をシフトさせ」るから、国内が「慢性デフレとゼロ成長」に陥るのである。
 ではなぜ産業界が「海外投資に重点をシフトさせ」るかと言えば、それはそうしないと中国や韓国の企業との競争に負けるからであり、その原因は中国や韓国の為替操作にあるのである。

 以上を理論的に言えば、GDPを構成する消費、投資及び純輸出の3要素のうち、投資はいわばインプットであり、経済成長を実現するのはアウトプットである消費や純輸出の増加である。
 しかも重要なことはこれらがストック的に増加しないと経済成長ができないのであって、単なるフロー的な増加ではカンフル剤に留まるということである。
 基本的に「財政出動」がもたらすのはフロー的な増加だけである。
 財政拡大派はこの点を根本的に誤解しているようであり、はなからそれらがストック的に増加すると考えているようである。

 そして消費をストック的に増加させるのは平均消費性向の上昇であるが、我が国は平成不況の突入以来、むしろ平均消費性向が上昇している。
 このことは消費が平成不況の原因ではないことを示している。

 また純輸出をストック的に増加させるのは生産性の上昇であるが、「財政出動」と生産性の上昇とは直接関係がない。
 また純輸出への影響は生産性よりも為替の方が圧倒的に大きいのであり、いくら「財政出動」したからといって純輸出が増加するものではない。

 とにかく今回の大規模な「経済対策」は彼ら、財政拡大派がずっと主張してきたことのとおりなのだから素直に称賛しておけばいいものを、なぜ「田村秀男」がこのように頓珍漢に批判するのかさっぱり分からない。
  1. 2019/12/08(日) 01:29:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"古森義久 対中融和唱える日本の異端" 問題は安倍晋三首相がこのような愚かな行動に出てしまう原因。籾手をして相手に近付いて行けば相手も好意を返してくれるという日本人的発想!! | ホーム | "パナソニック、中国で16年ぶりに家電の新工場建設へ 中間層拡大にらむ" 液晶パネル、半導体のような比較的ハイテクの分野でさえ中国メーカーとの競争に負けているのに、それよりもローテクな調理家電ではもっと勝目がないと考えるべきではないのか!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4065-d7eead60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)