FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"N国・立花党首が過激路線を封印宣言 いったい何が" 昨年7月の対韓輸出管理強化以来、対韓対応は否応なく変化しており、その分だけ有権者も成長。パフォーマンス一辺倒では有権者を騙せなくなっている!!

 1月2日の産経新聞は,”【野党ウオッチ】N国・立花党首が過激路線を封印宣言 いったい何が
 NHKから国民を守る党の立花孝志党首が、“過激路線”を封印すると表明した。7月の参院選で「NHKをぶっ壊す」とぶち上げて初当選したが、10月の参院埼玉選挙区補欠選挙に出馬して自動失職。落選後も複数の市長選に挑戦し、いずれも敗れた。今後は「公党代表として腰を落ち着ける」という立花氏だが、いったい何があったのか-。
 「できるだけ過激な路線は控えようと思っている」
 昨年12月17日のN国党の記者会見で、立花氏は、人が変わったような言動で記者を驚かせた。
 立花氏は「これまでスピード感を持って、発信をあえて炎上させるという方法で来たが、これ以上目立つ必要がなくなった」と説明。「来年以降は腰を据えてじっくりやっていく」とも強調した。
 立花氏は昨年7月の参院選で、「NHKをぶっ壊す」を合言葉に、受信料を払った人だけがNHKを視聴できる「スクランブル放送化」を主張。一言も発しない公認候補らによる奇抜な政見放送も話題となり、党は比例代表で98万票を集め、立花氏が当選。政党要件も満たした。
 バッジをつけた立花氏は、より過激な言動で注目を集めた。
 昨年8月には参院議員会館の事務所に設置したテレビをめぐり、NHKと受信契約を結んだ。その上で「契約は立法府が決めた法律だから守る。しかし支払いは少なくとも国会では決めていない」として、受信料の不払いを宣言した。
 タレントのマツコ・デラックスさんがテレビ番組で立花氏を「気持ち悪い」などと批判した際は、テレビ局への抗議の“突撃”を敢行し、ネット配信動画でも「マツコ・デラックスをぶっ壊す」と訴えた。
 昨年10月には、ネット投稿動画で東京都中央区議の男性を脅したとして、警視庁が脅迫容疑で立花氏を書類送検した。関係者によると、立花氏は昨年7月、N国党を金銭トラブルで離党したとされる男性区議に「人生をつぶしにいく」などと発言した動画を公開して脅した疑いが持たれている。
 その後、参院埼玉補選に出馬。参院議員に当選後わずか約3カ月で自動失職する異例の判断で、選挙戦では「参院議員を辞めて参院議員になろうとしている」などと訴えたが、前埼玉県知事の上田清司氏との一騎打ちに敗れた。以降、神奈川県海老名市長選▽奈良市桜井市長選▽東京都小金井市長選に相次いで出馬し、いずれも落選している。
 今後は、次期衆院選を見据えて体制づくりに万全を期すという。衆院選に向けては実業家の堀江貴文さんら有名人の擁立を目指して交渉している。
 過激発言を控えるという立花氏だが、支持を爆発的に集めた原点は変わらないようだ。会見でこう語ることも忘れなかった。
 「衆院選のとき、ある程度パンチの効いた政見放送はせざるを得ない」
”と報道した(リンクはこちら)。


 「できるだけ過激な路線は控えようと思っている」とある「過激な路線」とは具体的に何を言っているのだろうか。
 「これまでスピード感を持って、発信をあえて炎上させるという方法で来たが、これ以上目立つ必要がなくなった」ともあるから、これは、
 ①.「受信料の不払いを宣言
 ②.「マツコ・デラックスをぶっ壊す
 ③.「人生をつぶしにいく
 ④.「参院埼玉補選に出馬
などを指しているのだろう。
 これらの行動は確かに「過激な路線」であることは間違いない。

 ただはっきり指摘しておかなければならないのは、「受信料を払った人だけがNHKを視聴できる「スクランブル放送化」」という「NHKから国民を守る党」の主張自体はむしろ極めて自然なものだという点である。
 国鉄や電電が民営化されたのだから、「NHK」を実質国営企業のままに維持しておこうとする自民党の方がおかしいのである。
 むしろ「装置産業」という点では「NHK」よりもその要素が強い国鉄や電電を民営化したことの方が困難だとも言える。

 しかしそのような自然な政策であるにも関わらず、自民党の中からそのような声が全く出てこないのはなぜか。
 それは「NHK」が半分、在日勢力に乗っ取られているにも関わらず、自民党が在日勢力との衝突から逃げているからに過ぎない。
 そして残念ながらこの点では「NHKから国民を守る党」も全く同じである。
 そのことは昨年の統一地方選後に「立花孝志党首」が党内の右派を積極的に排除したことから明らかである。

 昨年7月の対韓輸出管理強化以来、対韓対応は否応なく変化しており、その分だけ有権者も成長している。
 もはや内容に乏しくパフォーマンス一辺倒の「NHKから国民を守る党」の路線では有権者を騙せなくなっていると言える。
  1. 2020/01/03(金) 00:09:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"司令官殺害 専門家や海外はどう見たか" 現段階では国連憲章51条の「自衛権の行使」に該当するとは言えないが、ソレイマニ司令官がイラクでの攻撃に関与した証拠が明らかになるのを待ちたい!! | ホーム | "安倍晋三首相、新春特別インタビュー! 日韓関係「原則を曲げることはしない」" それを破ったのが慰安婦日韓合意。その言葉どおり「必ず後で非常に不安定」となっている。「元徴用工」問題で今後どのように対応するのかお手並み拝見であるが、現金化はまた延期!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4092-64c070b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)