FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"北朝鮮の「大和堆」違法操業が深刻化 日本の漁業者苦境" 重要なのはそういう状況に接しての日本側の対応。拿捕を安全にやるためには武力の行使が必要になるが、安倍政権が野党の批判を恐れてその命令を下さない!!

 1月8日の産経新聞は,”北朝鮮の「大和堆」違法操業が深刻化 日本の漁業者苦境
 「大和堆」では平成28年秋から、北朝鮮漁船の違法操業が深刻化。海上保安庁と水産庁の取り締まりに対する銃での威嚇や、投石などの抵抗も後を絶たない。一方、海域は過去にない不漁に見舞われており、日本の漁業者は深刻な状況に直面している。
”と報道した(リンクはこちら)。


 以下、「深刻な状況」であることの説明が延々と続くが、今さらそんなものは必要ないのでカットした。
 重要なのはそういう状況に接しての日本側の対応である。
 これについてはこの記事の中にはないが、次の社説の中には少しある。

 2019年10月9日の産経新聞は,”【主張】北朝鮮漁船の沈没 「大和堆の守り」練り直せ
 日本の排他的経済水域(EEZ)である日本海の好漁場「大和堆」周辺海域で7日、北朝鮮の大型イカ釣り漁船が、水産庁の漁業取締船に衝突して沈没した。
 漁船の乗組員約60人は海に投げ出されたが、取締船の救命いかだで全員救助された。後から現れた北朝鮮船に乗り移って立ち去った。
 取締船が全員の救助救命を果たしたことは立派である。海難救助は人道上当然だ。その一方で乗組員を現場で北朝鮮側に引き渡し、事情聴取や身柄拘束を行わなかった対応は疑問である。
 政府は、沈没した漁船の違法操業が確認されていないから身柄拘束といった強制措置をとらなかったと説明している。
 だが、取締船は放水を始めていた。「違法操業は未確認」というのは、批判を避けるための後付けの説明のように聞こえる。
 政府は「大和堆の守り」を練り直すべきだ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「その一方で乗組員を現場で北朝鮮側に引き渡し、事情聴取や身柄拘束を行わなかった対応は疑問である。」とあるのはそのとおりである。
 「違法操業が確認されていない」についてはおそらく漁獲を海に捨てたのだろうが、何らかの痕跡は残っていたのではないか。
 またそもそも漁獲があろうとなかろうと操業さえやっていれば「違法操業」になるのだから、その痕跡はあっただろう。

 問題は日本側がなぜ拿捕をやりたがらないかである。
 それはひとえにそれを安全にやるためには武力の行使が必要になるからである。
 この10月のケースでは、「水産庁の漁業取締船」だからその装備さえない。
 また海上保安庁の巡視船のようにその装備はあっても対応は変わらなかっただろう。
 安倍政権が野党の批判を恐れてその命令を下さないからである。
 もしどうしても人命の損失が危惧されるなら海保や水産庁の装備を飛躍的に強化すればいいのだが、それもやらない。

 昨日のエントリーで、「安倍晋三首相は「憲法改正」をやるべき政策をやらないことの口実にしている」と書いたところである。
 今回のケースは刑事事犯だから「憲法」には関係ないものの事情は同じである。
  1. 2020/01/09(木) 08:19:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"トヨタ中国販売、日本超す 19年、162万台で初 日系トップ" 中国への輸出は全体の22.3%。本来はこれが100%近くになっても何もおかしくないのであるが、そうならないのは人民元の為替レートが不公正だから!! | ホーム | "自民、初の改憲ポスター発表 「憲法改正の主役は、あなたです。」" 憲法改正のように高度に政治的な内容の政策については国民主導など画に描いた餅。核武装の実現さえも可能ならどうしても憲法改正が必要な政策など他に何があるだろうか!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4098-2cccf91e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)