FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"NHK大河「麒麟がくる」初回は19・1%" 大河ドラマに対して不満に思うのは主人公が戦国時代と幕末時代に集中すること。なぜNHKが昭和時代を取り上げるのをためらうかと言えば、局内で昭和時代の解釈を巡って主張が紛糾するからだろう!!

 1月20日の産経新聞は,”NHK大河「麒麟がくる」初回は19・1%
 19日夜に放送が始まった、俳優の長谷川博己(42)が主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の平均視聴率が20日、ビデオリサーチから発表され、関東地区で19・1%だったことがわかった。大河ドラマの初回19%超えは、平成28年放送の「真田丸」以来4年ぶりという。
 「麒麟がくる」は織田信長に仕え、後に本能寺の変を起こす明智光秀の謎めいた前半生に光を当てた作品。初回は75分の拡大版で放送され、度重なる野盗の襲撃に業を煮やした光秀が、見聞を広げるため故郷の美濃から堺、京へと渡る様子が描かれた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「大河ドラマの初回19%超えは、平成28年放送の「真田丸」以来4年ぶりという。」とあるのは取り敢えずは朗報であるが、当方が「大河ドラマ」に対して不満に思うのは主人公が戦国時代と幕末時代に集中することである。
 この20年ほどの「大河ドラマ」の主人公とその時代を調べると次のとおりである(リンクはこちら)。
番組名放送期間主演時代
第59作麒麟がくる2020(令和2)年1月~長谷川博己(明智光秀)戦国時代
第58作いだてん
~東京オリムピック噺~
2019(平成31)年1月
~(令和元年)12月
中村勘九郎(金栗四三)
阿部サダヲ(田畑政治)
昭和時代
第57作西郷どん2018(平成30)年1月~12月鈴木亮平(西郷隆盛)幕末時代
第56作おんな城主 直虎2017(平成29)年1月~12月柴咲コウ(井伊直虎)戦国時代
第55作真田丸2016(平成28)年1月~12月堺 雅人(真田信繁)戦国時代
第54作花燃ゆ2015(平成27)年1月~12月井上真央(杉文)幕末時代
第53作軍師官兵衛2014(平成26)年1月~12月岡田准一(黒田官兵衛)戦国時代
第52作八重の桜2013(平成25)年1月~12月綾瀬はるか(新島八重)幕末時代
第51作平清盛2012(平成24)年1月~12月松山ケンイチ(平清盛)平安時代末期
第50作江~姫たちの戦国~2011(平成23)年1月~11月上野樹里(江)戦国時代
第49作龍馬伝2010(平成22)年1月~11月福山雅治(坂本龍馬)幕末時代
第48作天地人2009(平成21)年1月~11月妻夫木 聡(直江兼続)江戸時代初期
第47作篤姫2008(平成20)年1月~12月宮﨑あおい(篤姫)幕末時代
第46作風林火山2007(平成19)年1月~12月内野聖陽(山本勘助)戦国時代
第45作功名が辻2006(平成18)年1月~12月仲間由紀恵(千代)
上川隆也(山内一豊)
戦国時代
第44作義経2005(平成17)年1月~12月滝沢秀明(源義経)平安時代末期
第43作新選組!2004(平成16)年1月~12月香取慎吾(近藤勇)幕末時代
第42作武蔵 MUSASHI2003(平成15)年1月~12月市川新之助(宮本武蔵)江戸時代初期
第41作利家とまつ
~加賀百万石物語~
2002(平成14)年1月~12月唐沢寿明(前田利家)
松嶋菜々子(まつ)
戦国時代
第40作北条時宗2001(平成13)年1月~12月和泉元彌(北条時宗)鎌倉時代

 20本のうち戦国時代8本、幕末時代6本だから、いかにこれらの時代に集中しているか分かる。
 これは基本的にはそれらの時代以外をテーマにした文芸作品が少ないということに原因があるが、やろうと思えば「NHK」が独自に脚本作家に書かせてもいいのだから、「NHK」の責任も大きい。
 450年ほど前の戦国時代はもちろん150年ほど前の幕末時代でさえ現代の我々の人生にそれほど影響を与えているとは思えないから、余り多くを取り上げる意味はない。
 それよりもそういう意味で取り上げる価値があるのはやはり昭和時代である。

 なぜ「NHK」が昭和時代を取り上げるのをためらうかと言えば、局内で昭和時代の解釈を巡って主張が紛糾するからだろう。
 反日在日勢力の極端な主張に普通の日本人が付いていけないということである。
 似たような例で言えば、一昨年の「西郷どん」ではほとんど征韓論についての議論の場面はなかった。
 「西郷隆盛」が下野する最大の理由であるのにそれを取り上げないでは一体何のために「西郷隆盛」が西南戦争にまで突き進んでいったのかがさっぱり分からないだろう。
 ホームドラマに堕するなら「大河ドラマ」など止めてしまえばいい。
  1. 2020/01/21(火) 01:11:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"「出資は日本、建設は中国。おかしい」小泉環境相が海外支援案件に異論" 完全な民間ベースの事業だから日本企業に発注しなければならないという義務はない!! | ホーム | "【主張】米中貿易協定 本丸は中国の構造問題だ" 「日本企業も安堵できる流れ」という認識は全くおかしい。今、米国がやっていることの問題意識は我が国にも共通することだから!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4110-2ee5bfce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)