fc2ブログ
2020/01/27

"新型肺炎 中国 団体旅行中止で国内各地に影響" 今回の新型肺炎の騒ぎで嫌中になる日本人など只の1人もいないだろう。しかしNHKの期待に反して嫌韓意識の拡大はとどめようがない。というのは韓国の反日は日本人の嫌う嘘・捏造に基づくから!!

 1月27日のNHK NEWS WEBは,”新型肺炎 中国 団体旅行中止で国内各地に影響
 新型のコロナウイルスによる肺炎患者が増え続けていることから中国では、日本を含む海外への団体旅行が27日から当面中止されました。日本を訪れる中国人旅行者は、海外からの旅行者全体の3割を占め、消費する金額も多いことから、観光業をはじめ日本経済への影響が懸念されています。
 日本政府観光局によりますと去年1年間に日本を訪れた中国人旅行者は、959万4300人と海外からの旅行者のおよそ30%を占め国や地域別では最も多くなっています。
 また、中国人旅行者が去年、買い物や宿泊など日本国内で消費した金額は1兆7000億円余りと海外からの旅行者全体のおよそ35%にのぼっています。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「日本を訪れる中国人旅行者は、海外からの旅行者全体の3割を占め、消費する金額も多いことから、観光業をはじめ日本経済への影響が懸念されています。」とあるのは嫌中意識の拡大を阻止したい「NHK」による為にする記事である。
 「中国人が来なくなっては日本経済が立ち行かなくなるので、「新型肺炎」を蔓延させているからといって中国を嫌ってはいけませんよ」と言いたいのである。

 しかし実際には「中国人旅行者」の「消費する金額」など大したことはない。
 「中国人旅行者が去年、買い物や宿泊など日本国内で消費した金額は1兆7000億円余り」とあるが、これは我が国の名目GDP(547.1兆円)の0.3%に過ぎないからである。

 またそもそも今回の「新型肺炎」の騒ぎで嫌中になる日本人など只の1人もいないだろう。
 というのは今回のことは中国政府が意図的にやっていることではなくあくまで「事故」だからである。

 そして他方で「NHK」の最終的な目的は嫌中意識の阻止ではなく嫌韓意識の阻止である。
 そのことは在日勢力に乗っ取られたという意味で一昨日のエントリーで書いた「テレ朝」と同じである。

 しかし「NHK」の期待に反して嫌韓意識の拡大はとどめようがないだろう。
 というのは韓国の反日は日本人の嫌う嘘・捏造に基づくからである。

 ここしばらくは「新型肺炎」の騒ぎで韓国の反日世論も沈静化しているが、文在寅大統領もいつまでもこの状況を維持することはできないだろう。
 韓国世論が火病を発症させるのが楽しみである。

コメント

非公開コメント

参考にさせていただきます!