FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"帰国邦人 強制的に隔離や検査できず 2人が一時検査拒否" 完全に政府の手落ち。政令を即日施行にすればよかっただけのことだから。性善説は最初から捨て去るべき。現状では搭乗前にウイルス検査をやってしまうしか解決策はない!!

 1月30日の産経新聞は,”帰国邦人 強制的に隔離や検査できず 2人が一時検査拒否
 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止に向けた政府の対応が後手に回っている。中国湖北省武漢市から帰国した邦人のウイルス検査は任意で、29日に民間チャーター機で帰国した2人が一時検査を拒否した。無症状でも感染が「陽性」となったケースがあり、潜伏期間中の二次感染の可能性もあるが、現時点では帰国者を強制隔離できない。他国では帰国者を一定期間隔離するのが常識で、日本の法整備の抜け穴が浮き彫りになっている。
 「本人のためだと説得したが、法的拘束力がないということで、残念ながら、こういう結果になった」
 安倍晋三首相は30日の参院予算委員会で、武漢市から29日に帰国した邦人のうち、2人が帰国後の検査を拒んで自宅に戻ったことを苦渋混じりにこう語った。
 首相は「人権の問題もあり、踏み込めないところもある」とも指摘。加藤勝信厚生労働相も「これ以上、私どもの法的な権限がない」と語った。
 政府は邦人の帰国が始まる前日の28日、新型肺炎を感染症法に基づく「指定感染症」と検疫法の「検疫感染症」に指定する政令を閣議決定した。これにより、感染が疑われる入国者には、空港や港の検疫所が強制的に診察や検査を行えるようになる。ただ、施行日の2月7日までは個人の同意が必要で、症状が出ていない人は対象外になる。
 首相は30日の予算委で「第2便以降は(搭乗前に)もっと明確に一人一人(帰国後検査の)確認をとっている」とも述べたが、検査に法的強制力がないことには変わらない。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「中国湖北省武漢市から帰国した邦人のウイルス検査は任意で、29日に民間チャーター機で帰国した2人が一時検査を拒否した。」とあるのは完全に政府の手落ちである。
 というのは「政府は邦人の帰国が始まる前日の28日、新型肺炎を感染症法に基づく「指定感染症」と検疫法の「検疫感染症」に指定する政令を閣議決定した。」のなら、それを即日施行にすればよかっただけのことだからである。 
 それをやらずに「施行日」を「2月7日」にするから、それまでは「ウイルス検査」に「個人の同意が必要で、症状が出ていない人は対象外になる」という危うい事態になるのである。
 なお即日施行については「法律の場合は、原則として、公布の日から起算して20日を経過した日から施行されることとなっています(法の適用に関する通則法2条本文)。」(リンクはこちら)ということから不可能であるが、政令については可能である。

 おそらく政府としては「本人のため」なのだからまさか拒否する人間はいないと考えたのだろうが、自覚症状がなければ「本人のため」という理由には余り説得力はない。
 そうであれば公共心のない人間にはそんな説得は何も効果を持たない。
 外国居住者ということであれば日本国籍者と言っても帰化人も沢山いるだろうから、そんな性善説は最初から捨て去るべきである。

 「首相は30日の予算委で「第2便以降は(搭乗前に)もっと明確に一人一人(帰国後検査の)確認をとっている」とも述べたが、検査に法的強制力がないことには変わらない。」という意味は「搭乗前」には「ウイルス検査」に同意しても「帰国後」に拒否した場合はどうなるかということだろうか。
 確かにそんな場合に空港に止め置くことも現実に不可能だから、現状では「搭乗前」に「ウイルス検査」をやってしまうしか解決策はないだろう。
  1. 2020/01/31(金) 00:40:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"「指定感染症」1日に前倒し" 「国民民主が菅長官に提言」が伏線か。国民民主もたまにはいいことをする。しかし「湖北省に滞在歴のある全ての外国人の入国を拒否」の実効性はあるか。すべて強制検査するしかない!! | ホーム | "宮迫博之さん、ネットで活動再開" この問題の本質がさっぱり理解できない。テレビ局自体が反日的在日勢力とズブズブなのだから、今さら反社会勢力との関係を非難すること自体が笑止千万!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4120-5abdbaae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)