FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"安倍首相、一斉休校は「政治的判断」 参院予算委主なやり取り" 一斉休校についてはやらないよりはやった方がいいのに決まっているが、何が最も優先度が高い方策かというとそれはもちろん中国人の入国禁止!!

 3月2日の産経新聞は,”安倍首相、一斉休校は「政治的判断」 参院予算委主なやり取り
 2日の参院予算委員会での主なやり取りは次の通り。
【新型コロナウイルスへの対応】
 安倍晋三首相「常に最悪の事態を想定し、あらかじめ備えることが重要だ。緊急事態宣言の実施も含め、新型インフルエンザ等対策特別措置法と同等の措置を講ずることが可能となるよう、立法措置を早急に進める」
”と報道した(リンクはこちら)。


 売国野党からの批判など何の意味もないので、この記事自体は何の意味もないが、とにかく示したかったことは「一斉休校」が安倍晋三首相主導により行われたことである。
 これについてはやらないよりはやった方がいいのに決まっているが、感染拡大阻止において最も優先度が高いかというと必ずしもそんなことはない。
 いくら子供が出歩かなくても、親が外で感染してくれば簡単に家庭内感染するからである。

 では何が最も優先度が高い方策かというと、それはもちろん中国人の入国禁止である。
 これについては安倍政権は次のとおり言っている。

 2月27日の日経新聞は,”入国拒否、感染者の人口比で判断 出入国管理法も適用
政府の新型コロナ対応
 政府は26日、新型コロナウイルス感染防止に向け、韓国の大邱(テグ)市と慶尚北道の一部地域からの入国を拒否する方針を決定した。対象国を中国以外に広げるのは初めて。判断の背景には、人口あたりの感染者数などの「科学的な根拠」と「法的な根拠」の2点がある。
 政府は人口あたりの感染者数を入国拒否を判断する材料のひとつに位置づける。大邱は人口約250万人。感染者が26日時点で計677人で1万人あたりの感染者は2.7人程度の計算となる。
 中国湖北省は入国拒否を決めた1月31日時点で感染者が約5800人で、1万人あたりほぼ1人の割合だった。同様に浙江省は2月12日時点で感染者が約1130人と1万人あたり0.2人程度だった。
 自民党の新型コロナウイルス関連肺炎対策本部の会合では「中国本土からの渡航を全面禁止にすべきだ」との意見が出ている。感染拡大に対する国民の不安を踏まえた。一方、政府関係者は「あくまで科学的に判断する。政治的な話ではない」と語る。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「自民党の新型コロナウイルス関連肺炎対策本部の会合では「中国本土からの渡航を全面禁止にすべきだ」との意見が出ている。感染拡大に対する国民の不安を踏まえた。一方、政府関係者は「あくまで科学的に判断する。政治的な話ではない」と語る。」については明らかに「政府関係者」よりも「自民党の新型コロナウイルス関連肺炎対策本部」の方が正しい。
 理由は3つある。
 第1に「滞在歴」は自己申告であり信用性がないこと、第2に中国政府発表の「感染者数」は信用性がないこと、第3に「入国」させるかどうかは義務ではないので別に「人口あたり」で判断する必要はないことである。

 ただたとえ安倍政権の言うように「人口あたりの感染者数を入国拒否を判断する材料」にしても、中国全土の方が我が国よりもその比率が高いのだから、中国からの入国者を禁止しない理由にはならないだろう。

 とにかく今回の安倍晋三首相による「小中高校などへの休校要請」の直接のきっかけは、クルーズ船対応におけるしくじりに対する欧米からの批判だろう。
 もちろん頭痛の根本には東京五輪を開催できないことがある。
 今回の措置はそれに焦った安倍晋三首相による勇み足の泥縄策と言うほかない。
  1. 2020/03/03(火) 00:28:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【新型肺炎】日本からは14日間経過観察 上海市が入国管理強化" これだけコケにされては普通の神経なら今さら政権を維持することはできないが、それでも安倍政権は続くだろう。これは他でもない、国民の責任!! | ホーム | "現職の比田勝氏が再選 長崎県対馬市長選" 落選は残念ではあるが、これで少しは対馬市民が韓国への情けない姿勢を考え直す一助になったのではないか!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4153-300efead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)