FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"貿易管理めぐる日韓対話 継続で合意 韓国の法整備進展など歓迎" 今回の措置の発端となったフッ化水素の横流しの件は果たして議論したのだろうか。新たな枠組みの議論はまず韓国に対する国際的ペナルティが終わってから!!

 3月11日のNHK NEWS WEBは,”貿易管理めぐる日韓対話 継続で合意 韓国の法整備進展など歓迎
 貿易管理をめぐる日韓両政府の局長級の政策対話が11日未明にかけて行われ、両国の懸案事項の解決に向けて今後も対話を継続していくことで合意しました。
 およそ3か月ぶりとなる貿易管理をめぐる日韓両政府の局長級の政策対話は、東京とソウルをテレビ会議のシステムで結んで行われ、10日午前10時から11日未明まで、およそ16時間にわたる異例の長さとなりました。
 経済産業省によりますと、対話の中で日韓両国は、韓国で貿易管理に関する法律の改正案が国会で成立したことや、人員の体制を拡充することについて歓迎したほか、安全保障をめぐる国際的な状況を踏まえて実効性のある輸出管理を進めることが必要だという認識を共有したということです。
 そのうえで、両国は日本が半導体の原材料など3品目の輸出管理を厳しくした措置や、輸出手続きを簡略化する優遇措置の対象国の扱いなどの懸案事項について対話と意思疎通を継続していくことで合意しました。
 経済産業省は貿易管理の体制強化に向けた韓国側の姿勢を前向きに受け止めている一方、日本が措置を緩和するには韓国の実際の運用状況を確認する必要があるとしています。
 次回の局長級の政策対話は韓国で開かれ、日程などを今後調整することにしています。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「10日午前10時から11日未明まで、およそ16時間にわたる異例の長さ」とあるが、一体、「16時間」も何を議論していたのだろうか。
 「韓国で貿易管理に関する法律の改正案が国会で成立したことや、人員の体制を拡充することについて歓迎した」とあるが、韓国の国内事情などどうでも良いことである。

 そうではなく「日本が措置を緩和するには韓国の実際の運用状況を確認する必要がある」とあるのはいいとしても、その前に今回の措置の発端となったフッ化水素の横流しの件は果たして議論したのだろうか。
 この件については今年に入って新しい情報が全くない。

 我が国がやるべきはまずこの件に関する過去の事実を明確にし韓国に対する国際的ペナルティを受けさせることである。
 新たな枠組みの議論はまずそれが終わってからである。
  1. 2020/03/12(木) 04:12:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"中国、新型コロナ巡る米批判に反発 「米軍が持ち込んだ可能性も」" 原因は何であれ米中が対立すれば我が国には大きな漁夫の利がもたされるのだから、大いにやれと言わざるを得ない!! | ホーム | "韓国政府 約20カ国と企業関係者の入国許可協議=日本とも議論へ" 速攻拒否すべき。ましてや「政治的な理由で韓国からの入国を制限した日本」と言っているからなおさら。しかも「事前協議や通知なしに発表」とも言っている!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4162-b46a92ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)