FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"麻生財務相が消費税減税を否定" これは言っていることがおかしい。減税が経済にもたらす景気刺激効果は「租税乗数」として定式化されている。他方で過剰になった流動性が経済にどのような悪影響をもたらすかは非常に定式化が難しい!!

 3月13日の産経新聞は,”麻生財務相が消費税減税を否定
 麻生太郎財務相は13日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた追加経済対策として消費税などの減税措置を講じることについて、「一律減税したって(景気)刺激にはならない」と否定的な見方を示した。併せて、ポイント還元などの給付措置の方が効果があると説明した。
 消費税減税については、野党だけでなく自民党若手議員など与党内からも要望が出ている。ただ、麻生氏は「そういう話があることは知っているが、それだけだ」と述べるにとどめた。また、「われわれは財政も預かっている。両方考えながら常にやっていかなければならない」として、財政健全化の障害になる減税措置には慎重な姿勢を強調した。
 一方、麻生氏は消費税増税に伴う景気刺激策でキャッシュレス決済のポイント還元制度が最も国民から利用されたことを挙げ、「効果があるものにしないと意味がない。経験を大事にして対策を考える」と指摘。「(お金を)持っている人が使ってくれなきゃ意味がない」と説明し、追加経済対策では給付措置による消費喚起に力を入れるべきだと説明した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「一律減税したって(景気)刺激にはならない」とあるが、これは言っていることがおかしい。
 所得と支出の比率、要するに平均消費性向が変わらないとすれば、「消費税などの減税措置」の分だけ品物に支出する金額は増えるのだから当然のことながら「(景気)刺激」につながる。
 現状で消費減税により財布の紐が締まることは心配する必要がないだろう。

 これは何も突飛な理屈ではなく減税が経済にもたらす景気刺激効果は「租税乗数」として定式化されていることである。
 「金融大学」というサイトには次のとおりある(リンクはこちら)。

租税乗数(そぜいじょうすう)
 租税乗数とは、税額(T)の変化が国民所得(Y)に与える影響のことで、⊿Y/⊿Tで表されます(⊿デルタは、変化分を表す記号です)。
 租税乗数は、次の式で計算されます。
      ⊿Y/⊿T=-β/(1-β)


 ここで「β」はもちろん限界消費性向である。
 これは直接税を念頭において定式化されているが、間接税でも結果は同じである。

 ただ問題はその景気刺激効果が何年経過しても規模が変わらないことである。
 要するに2年目からは経済成長率がゼロになることである。

 他方で減税により通貨供給量は徐々に増加していく。
 そして過剰になった流動性が経済にどのような悪影響をもたらすかは非常に定式化が難しい。
 試みに過剰流動性で検索してもほとんど定量的な議論がないことが分かるだろう。
 もちろん過去にも過剰流動性要するに金余りの時代はあったが、それらは主として金融によってもたらせられたものであり、大規模減税に比べれば規模が非常に小さいものである。

 理屈的には開放経済の下ではスタグフレーションによりむしろ経済悪化をもたらす可能性が高いが、何せ国民の消費態度に大きく依存することだからどちらに転ぶか分からない。
 とにかく何らかの景気刺激策が必要なのは衆目の一致するところだから、社会実験としてやってみるほかないだろう。
  1. 2020/03/14(土) 00:23:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"中国の情報隠蔽裏付け、香港紙「最初の患者は11月」" 日経のような媚中新聞でさえ1月14日の時点ですでに「世界的な感染の拡大が懸念」と書いているのだから、おそらく我々ならその直後には中国人の入国禁止に踏み切ったのではないか!! | ホーム | "中国、新型コロナ巡る米批判に反発 「米軍が持ち込んだ可能性も」" 原因は何であれ米中が対立すれば我が国には大きな漁夫の利がもたされるのだから、大いにやれと言わざるを得ない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4164-b97707da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)