FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"日本と中国・韓国結ぶ航空便 新型コロナで90%超減少か" 大変望ましい状況であるが、日本経済へのメリットを考えると物の動きも止めてもらいたい。具体的な例は昨日紹介したマスク。国内生産に切り替えれば名目GDPがその分だけアップする!!

 3月16日のFuji News Networkは,”【独自】日本と中国・韓国結ぶ航空便 新型コロナで90%超減少か
 新型コロナウイルスの影響で、日本と中国・韓国を結ぶ航空便が、90%以上減少する見通しであることがFNNの取材でわかった。
 国土交通省によると、新型コロナウイルスの感染拡大前の航空便は、日本と中国間で2,060便、日本と韓国間で900便だったが、今週は、中国便が93%減少して150便に、韓国便は97%減少して23便になる見通し。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「新型コロナウイルスの影響で、日本と中国・韓国を結ぶ航空便が、90%以上減少する見通しであることがFNNの取材でわかった。」とあるのは大変望ましい状況である。
 しかし人の動きもさることながら日本経済へのメリットを考えると物の動きも止めてもらいたいものである。
 中韓からの物の動きが止まればどうなるか、例えば具体的な例は昨日紹介したマスクである。
 これまではどうだったのか。

 3月6日のJ-CASTニュースは,”中国で続く日本メーカー製マスクの輸出トップ!工場を警官が見張り接収
 新型コロナウイルスによるマスク不足の原因の一つは、中国で製造した日本メーカーの製品が輸入できなくなっていることだ。マスク販売会社「ファーストレイト」の長谷川友彦社長が中国の工場で撮影した映像には、マスクが山積みになっているが、1月25日(2020年)以降、出荷制限がかけられ、「残念ながら出荷できないのが現状です」という。
 日本で出回っているマスクの約8割は中国などからの輸入だ。残り2割の国内生産分についても、原材料の不織布、ゴムひも、鼻部分のワイヤーはほとんど中国からの輸入に頼っている。
”と報道した(リンクはこちら)。
 

 「日本で出回っているマスクの約8割は中国などからの輸入だ。残り2割の国内生産分についても、原材料の不織布、ゴムひも、鼻部分のワイヤーはほとんど中国からの輸入に頼っている。」とあることはすべて純輸出の減少を通じて名目GDPのマイナス要因となっている。
 この分が無くなれば国内需要を賄うために、昨日紹介したように国内生産に切り替えることになるので、名目GDPがその分だけアップする。

 どこをどう考えようとその方が望ましいのになぜこれが日頃から実現できないかというと、それは中国で生産した方がコストが低いので日本企業自身がそのような馬鹿な選択をしてしまうのである。
 そしてその根本的な原因は人民元の不公正な為替レートである。
 とにかく日本人は中韓との為替問題にもう少し敏感にならないと、折角、消費税減税をしたのに経済がちっとも良くならないというアリ地獄のような将来にさいなまれることになるだろう。
  1. 2020/03/17(火) 00:43:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"NSS経済班が来月発足 背景にあるのは中国の台頭、米国と連携し対抗へ" 大変有意義な試みであるが、ここに挙げられている例のほとんどは以前として安全保障分野。こんなことしかやらないならあってもなくても関係ない!! | ホーム | "自民、補正編成へ野党と協力 国民民主「30兆円」提唱―経済対策" 「減税、給付、減収補償」も必要であるが、その前にやはり徹底した感染拡大対策にもう少し財政を振り向けるべき。マスク補助金の補助率は限りなく10割に近くてもいい!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4167-de8a4cbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)