fc2ブログ
2020/03/25

"首相「おおむね1年」 バッハ会長「100%同意」 東京五輪延期" これは既定路線。心配なのは感染者増加。我が国も欧米並に罰則を以て国民に行動制限をかけるべき!!

 3月24日の産経新聞は,”首相「おおむね1年」 バッハ会長「100%同意」 東京五輪延期
 安倍晋三首相は24日夜、7月24日開幕予定の東京五輪・パラリンピックの開催をめぐり、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話で会談し、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を踏まえ、五輪の開催を1年程度延期する方針で合意した。会談には大会組織委員会の森喜朗会長、橋本聖子五輪相、東京都の小池百合子知事らが同席した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「安倍晋三首相は24日夜、・・・国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と・・・五輪の開催を1年程度延期する方針で合意した」とあることについては、すでに今年の不参加を表明する国も出てきた中では、もはや既定路線のようなものだから、何の驚きもない。
 それよりも心配なのは次の報道である。

 3月25日の産経新聞は,”国内1日の感染判明、最多71人
 国内では24日、新たに71人の新型コロナウイルス感染が確認され、感染者はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員を含め1920人になった。クルーズ船を除いて1日に確認された感染者数としては最も多く、都道府県別では東京都が全国最多となった。都は70代男性が死亡したと発表、死者は53人となった。
”と報道した(リンクはこちら)。
 

 「国内では24日、新たに71人の新型コロナウイルス感染が確認され」とあることについては今の検査の運用状況からすると、この10倍位の新規感染者がいてもおかしくないから、かなり危険な状況である。
 やはりもっと感染防止対策を強化すべきではないか。

 例えば厚生労働省のHPには「諸外国の行動制限等に関する現状について」という資料が掲載されている(リンクはこちら)。
 これを見ると次のとおり「禁止」という文字が結構目立つ。

米国
 ・レストラン・バー等の店内営業禁止(持ち帰り等に限る)(カリフォルニア州、オハイオ州、ニューヨーク州等)
 ・特定人数(25名等)以上の集会・イベントの禁止(マサチューセッツ州、コネチカット州等)
 ○カリフォルニア州ベイエリア7郡市において、不要不急の外出を禁止する屋内退避命令を発出(3月18日~4月7日)食料品店等は営業継続)
 ○夜間外出禁止令を発令する自治体も多数

英国
 【スコットランド】・500人以上の集会禁止(3月16日~)

フランス
 ○100人以上の集会を禁止(3月15日~4月15日)
 ○大衆向け施設(レストラン、飲料提供店、美術館等)の受入れを禁止(3月15日~4月15日)


 しかし我が国では「安倍 禁止 コロナ」で検索しても出てくるのは次の報道だけである。

 3月5日の時事ドットコムは,”中韓からの入国者、2週間待機 マスク転売を禁止―安倍首相表明
 安倍晋三首相は5日、首相官邸で開いた新型コロナウイルス感染症対策本部で、中国と韓国からの入国者全員を指定の場所に2週間待機させる方針を表明した。事実上の隔離で、入国拒否の対象拡大などと合わせ、水際対策を大幅に強化する。品薄状態が続くマスクの転売を禁じる方針も明らかにした。
”と報道した(リンクはこちら)。


 やはり我が国も欧米並に罰則を以て国民に行動制限をかけるべきではないか。
 問題はそのタイミングである。
 現状では確かにまだ強い行動制限をかける事実的根拠には乏しいかもしれない。
 しかし感染者の増加スピードが一定水準を超えた場合にはそれを決断すべきである。
 その時期はもう近いように思われる。

コメント

非公開コメント