FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"「感染爆発を抑止できるギリギリの局面」小池都知事" 単なる「呼びかけ」ではやはり感染爆発は防げないのではないか。検査をもっと実施して感染者を特定すべき。「37.5度以上の発熱が4日以上」という要件は不合理に狭すぎ!!

 3月27日のNHK NEWS WEBは,”「感染爆発を抑止できるギリギリの局面」小池都知事
 東京都の小池知事は、都内で27日、新たに40人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたことを明らかにしたうえで、「感染爆発を抑止できるギリギリの局面だ」と述べ、改めて不要不急の外出を控えるなど感染を広げない行動をとるよう呼びかけました。
 小池知事は、27日夕方、NHKのインタビューに応じ、ウイルスに感染しているという自覚がない人たちが密集して感染が広がるおそれがあるとして、特に若者に対し、不要不急の外出を控えるよう呼びかけました。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「改めて不要不急の外出を控えるなど感染を広げない行動をとるよう呼びかけました」とあるが、単なる「呼びかけ」ではやはり「感染爆発」は防げないのではないか。
 そうではなく「ウイルスに感染しているという自覚がない人たち」にそれを自覚させ「外出」を禁止する措置が必要である。
 要するに「検査」をもっと実施して感染者を特定すべきだということである。
 これについては次のような報道がある。

 3月27日のしんぶん赤旗は,”1日あたりわずか60件 PCR保険適用検査 野党ヒアリング
 日本共産党と、立憲民主党や国民民主党などの共同会派は26日、国会内で、新型コロナウイルスにかかわる感染実態の解明をめざす野党合同ヒアリングを開催しました。この中で厚生労働省は、感染を判定するPCR検査の実施状況を公表し、3月6日から23日までの18日間で、保険適用分の検査件数は1058件でした。1日当たりの検査件数は約60件です。
 厚労省は、PCR検査の検査能力を1日9000件程度としていますが、実施件数は保険適用分も含めて、多い日で1900件程度にとどまっています。
 また厚労省は、東京都で、2月1日から3月21日までの間で帰国者・接触者相談センターに寄せられた相談件数は2万9170件、このうち帰国者・接触者外来の受診は944件、PCR検査の実施件数は464件と報告しました。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「また厚労省は、東京都で、2月1日から3月21日までの間で帰国者・接触者相談センターに寄せられた相談件数は2万9170件、このうち帰国者・接触者外来の受診は944件、PCR検査の実施件数は464件と報告しました。」とあるが、「相談件数」のほとんどは何らかの自覚症状がある人達だろうから、2万9170件-944件=2万8226件の中にはかなり陽性の人達が混じっているのではないだろうか。
 もしそうだとしたら「自分では自覚していないがウイルスを持っている方々が街に出ることによる感染の拡大」は明らかに行政の責任問題である。
 やはりどう考えても2月17日に厚生労働省が提示した「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)」という要件は不合理に狭すぎるのではないか(リンクはこちら)。

 とにかく「呼びかけ」のような曖昧な対応は止めて明確な規制措置を発動すべき段階である。
  1. 2020/03/28(土) 00:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"緊急経済対策は「5本柱」 首相、政府対策本部で指示" どう考えてものんびりし過ぎ。令和2年度予算の成立を待っていたという反論もあるかもしれないが、それなら令和元年度予算の補正という形で対処すべきだった!! | ホーム | "新型コロナ 消毒用アルコール 医療的ケア児の家庭に優先供給" これについては中国の輸出規制の問題はないので事は国内の生産体制の問題。補助金の補助率は限りなく10割に近くてもいい。どうにも安倍政権の対処はやる気を疑わせる!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4178-4b221247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)