FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"緊急経済対策は「5本柱」 首相、政府対策本部で指示" どう考えてものんびりし過ぎ。令和2年度予算の成立を待っていたという反論もあるかもしれないが、それなら令和元年度予算の補正という形で対処すべきだった!!

 3月28日の産経新聞は,”緊急経済対策は「5本柱」 首相、政府対策本部で指示
 安倍晋三首相28日、首相官邸で開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、感染拡大に対処するための緊急経済対策の今後10日程度での取りまとめや令和2年度補正予算案の編成を関係閣僚に指示した。会合では国内で感染者数が爆発的に急増した場合に備えた「基本的対処方針」も決定した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「安倍晋三首相28日、首相官邸で開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、感染拡大に対処するための緊急経済対策の今後10日程度での取りまとめや令和2年度補正予算案の編成を関係閣僚に指示した。」とあるが、どう考えてものんびりし過ぎである。
 この「緊急経済対策」が最初に政治的議題に上がったのは次の報道である。

 2月20日の産経新聞は,”野党、新型肺炎予算の拡充提言へ 21日にも官邸で申し入れ
 立憲民主、国民民主両党などの会派は20日、新型コロナウイルスに関する合同対策本部の会合を国会内で開き、政府に対策予算の大幅拡充を提言する方針を決めた。検査態勢強化や、感染拡大に伴う景気後退に備えた経済対策も求める。21日にも各党政調会長らが首相官邸を訪れ、申し入れる考えだ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 2月20日からすでに1か月以上が経過するが、その間、安倍政権は一旦何をしていたのだろうか。
 令和2年度予算の成立が一昨日だからそれを待っていたという反論もあるかもしれないが、それなら令和元年度予算の補正という形で対処すべきだったろう。
 前回の補正予算の成立が1月30日だから(リンクはこちら)、十分にそのような対処は可能だったと言える。 

 とにかくもっとスピード感をもって取り組むことが肝要である。
  1. 2020/03/29(日) 01:32:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"東京で新たに68人感染、1日で最多 2日連続60人以上" やはり感染者をしらみ潰しに特定してもっと強い規制措置を発動すべき段階。ただそのためにはもっと検査が簡便かつ短時間でできなければお話にならない。横浜市立大学と長崎大学に期待!! | ホーム | "「感染爆発を抑止できるギリギリの局面」小池都知事" 単なる「呼びかけ」ではやはり感染爆発は防げないのではないか。検査をもっと実施して感染者を特定すべき。「37.5度以上の発熱が4日以上」という要件は不合理に狭すぎ!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4179-5c7a8ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)