FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"大量検査…韓国の新型コロナ対策 特徴は?" 我が国のマスコミらしい韓国礼賛報道であるが、これは全くの間違い。「感染拡大の防止」ではあっても「感染経路の調査」ではないから。ただ「クレジットカード履歴」が「感染経路の調査」に役立つことは事実!!

 4月7日の日テレは,”大量検査…韓国の新型コロナ対策 特徴は?
 新型コロナウイルスの感染拡大で、韓国の対策はどうだったのでしようか?
 ソウルから原田敦史記者の報告です。

 韓国の対策の特徴は主に3つあると思います。
 1つ目は日本の10倍もの「大量のウイルス検査」を行ったことです。ドライブスルーのような手法も取り入れて、感染者を徹底的に洗い出しました。
 そして、2つ目は「感染経路の調査と情報公開の徹底」です。韓国の保健当局の調査官は、警察のような司法権限を持っています。感染者本人の聞き取りに加えて、クレジットカード履歴や防犯カメラの映像を分析して、行動ルートや接触した人も特定します。そして、感染者が出ると、周辺の携帯電話に一斉に通知がきます。リンク先のホームページを見ると、「感染者がどこに住み、何時何分からどの店を利用したか」などすべて分かるのです。プライバシーをある程度犠牲にしてでも感染をくい止めるという考え方です。
 そして、3つ目が「医療崩壊を防ぐ仕組み」です。一時、大邱では病院のベッドが不足し、入院待ちのまま自宅で亡くなる人も出ました。そのため、政府は軽症者を病院ではなく公務員の研修施設などで隔離しながら治療することにしたのです。
”と報道した(リンクはこちら)。


 我が国のマスコミらしい韓国礼賛報道であるが、2つ目の「感染経路の調査と情報公開の徹底」とあるのは全くの間違いである。
 というのは「そして、感染者が出ると、周辺の携帯電話に一斉に通知がきます。リンク先のホームページを見ると、「感染者がどこに住み、何時何分からどの店を利用したか」などすべて分かるのです。」とあるのは「感染拡大の防止」ではあっても「感染経路の調査」ではないからである。
 つまり問題は感染発生前1か月ほどの期間の行動をいかに把握するかということである。

 ただ「防犯カメラの映像」はともかく「クレジットカード履歴」が「感染経路の調査」に役立つことは事実である。
 それによってその立ち回り先をすべて検査すれば、かなりの確実で感染源を特定できるはずだからである。

 そして「警察のような司法権限」を与えているのはそのことが目的であると思うが、果たして「韓国の保健当局の調査官」はそのようにやっているのだろうか。
 しかしこの記事からはそのことは窺えないし、もしそのようにやるとかなり犯罪捜査的な色彩が濃くなるので、韓国でもそのようにはやっていないのではないだろうか。
 理屈からしても1人の感染者に対して数十箇所の検査をやらなければならないから、任意の検査などやってる余裕はなくなるはずである。

 当方は我が国でも法律を改正してそのようにやるべきだと考えているのであるが、これは感染の初期の段階においてやるべきものである。
 残念ながら東京では初期に感染を放置したことによってもうこの段階を過ぎているかもしれない。
  1. 2020/04/10(金) 00:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"台湾マスク生産7倍に 官民一体ライン増強 友好国へ無償で1000万枚" マスク増産のネックは製造設備ではなく素材の方かもしれない。安倍政権がやるべきことは中国からの製品輸入を制限して「数年先の市場」をしっかりと保証すること!! | ホーム | "世界的なマスク不足に対して医療用マスクメーカーが「不眠不休によるマスクの増産」をしない理由とは?" 「国で買い上げ」のような安易な解決策しか議論にならないことはいかに日本国内で日中貿易に対する問題意識が低いかをよく示している!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4191-0ddb65f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)