FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"新型コロナウイルス検査キット、盛岡の企業開発" 地方ベンチャーの大きな業績であり非常に称賛に値する。ただ「抗体検査」よりもやはり正面からウイルスを発見する方法の方が望ましいように思える!!

 4月11日の岩手日報は,”新型コロナウイルス検査キット、盛岡の企業開発
 盛岡市の臨床検査装置開発・セルスペクト(岩渕拓也代表取締役)は、新型コロナウイルスに感染したかどうかを調べる研究・検査機関向けの抗体検査キットを開発した。2時間で96検体を検査でき、PCR検査よりも短時間に多くの人を調べられる。ただ、抗体ができていない感染直後の検査には向かず、PCR検査と併用することで判定の精度が高まると期待される。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「盛岡市の臨床検査装置開発・セルスペクト(岩渕拓也代表取締役)は、新型コロナウイルスに感染したかどうかを調べる研究・検査機関向けの抗体検査キットを開発した。」とあるのは地方ベンチャーの大きな業績であり、非常に称賛に値する。
 唯一の欠点は「ただ、抗体ができていない感染直後の検査には向かず」であるが、検査の第1の目的を「コロナ感染源の発見」と考えるなら、そんな人物はまだ「コロナ感染源」にはなっていないだろうから、余り問題はないように思える。
 また第2の目的を単純に検査希望者の感染の判断と考えても、そんな時期はまだ検査希望の段階には至っていないだろうから、これも問題ないように思える。

 ただ「抗体検査」だと「抗体」ができるかどうかには個人差があるだろうから、やはり正面から「ウイルス」を発見する方法の方が望ましいように思える。
 その意味で次の報道の方がより期待を持てる。

 4月10日の時事ドットコムは,”新型コロナ、1時間で判定 検査試薬発売―島津製作所
 島津製作所は10日、新型コロナウイルスに感染したかどうかの検査時間を大幅短縮できる試薬を20日に発売すると発表した。工程の一部を省き、2時間以上かかっている検査を約1時間で済ませることができる。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「工程の一部を省き」とあるのが分かりにくいが、それは次の報道に少し書いてある。

 4月11日の日経新聞は,”1時間でウイルス判定 島津製作所、検査キット20日発売
 島津製作所は10日、新型コロナウイルス向けの検査キットを20日に発売すると発表した。
 ノロウイルスなどの病原体検出技術を応用し、不純物を取り除かずにウイルスを検出できる。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「不純物を取り除かずに」とあるから、今まではそれに時間がかかっていたようである。

 とにかく検査数を増やそうと思えば、もっと簡単かつ短時間に実施できなければお話にならないので、これらの検査キットができるだけ早く実用化されることを期待している。
  1. 2020/04/12(日) 01:03:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"安倍首相、出勤者7割削減を要請 接客飲食店、全国で利用自粛を…" このような主張には首を傾げる。「接触削減」には感染拡大を抑える効果はあるにしても感染力を削減する効果はないから。我が国がやるべきことはもっと積極的にコロナウィルスの撲滅に注力していくこと!! | ホーム | "台湾マスク生産7倍に 官民一体ライン増強 友好国へ無償で1000万枚" マスク増産のネックは製造設備ではなく素材の方かもしれない。安倍政権がやるべきことは中国からの製品輸入を制限して「数年先の市場」をしっかりと保証すること!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4193-0955a6bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)