FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"小池都知事「戦後最大の危機」 感染封じ込めに決意表明" やるべきことは徹底した検査と感染者の隔離。そのようにやれない原因は我が国の政治家が基本的に事なかれ主義であるから!!

 4月15日の産経新聞は,”小池都知事「戦後最大の危機」 感染封じ込めに決意表明
 「戦後最大の危機だ。積極的な対策で都民の不安を払拭したい」。新型コロナウイルスの急速な感染拡大に直面する東京都の小池百合子知事は15日、総額約3574億円の補正予算案を発表し、感染封じ込めへの決意を表明した。緊急事態宣言に基づく外出自粛要請から1週間。自粛要請の実効性をより高めるため、休業などする事業者への協力金の対象を幅広くする。国と綱引きをしながら休業要請、経済対策の議論を牽引してきた都が示した施策は、他自治体にとっての指針となりそうだ。
 「改めて徹底した外出の自粛をお願いします。まだまだです。もう一歩、どころではない」。記者会見に先立つ都の対策本部会議で、小池氏は都民に向けて呼びかけた。
 小池氏はこの日の会見で今後の感染者数の推移について、「都民の協力にかかっている。外出自粛のレベルを上げることで今後どうなるかの答えが変わってくる」と述べた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「改めて徹底した外出の自粛をお願いします。まだまだです。もう一歩、どころではない」とあるが、なぜ「外出の自粛」にそれほど大きな効果があると考えるのか当方はさっぱり理解できない。
 この点については4月13日のエントリーでも次のとおり書いたところである。

またそもそも外出自粛に感染拡大を抑える効果があるかも疑わしい。
 我々は生活していかなければならない以上、一定の外出は避けられないからである。
 そのことは我が国よりも遥かに厳しい外出規制を行っている欧米でさえ感染拡大が止まらないのだから明らかである。
 そうではなく我が国がやるべきことはもっと積極的にコロナウィルスの撲滅に注力していくことである。
 そのためにはもっと検査を徹底して行い感染者を特定して隔離しアビガンなどあらゆる治療薬を試用していく必要がある。


 なぜ我が国の新型コロナ対策がそのようにやれないのかというと、そのことが大きな社会的摩擦をもたらすからだろう。
 したがってその原因は、一事が万事であるが、我が国の政治家が基本的に事なかれ主義であるからである。
 そして政治家がそうだということは国民が総じてそうだからである。

 事なかれ主義を言い換えれば摩擦を恐れるということである。
 したがってそのことの原因は戦後、安易に敗戦国史観に流れてしまったからだろう。

 とにかく今回の新型コロナ禍は我が国の体質の致命的な欠陥をさらけ出した。
 戦争というもっと過酷な状況の前にそのことが露わになったのは我々にとってむしろ幸いである。
  1. 2020/04/16(木) 03:34:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"マスク月3億枚 ソフトバンクが供給へ 来月から、仕入れ値で販売" ソフトバンクがもし中国の厳しい輸出制限をクリアしたとするなら、これは中国政府の安倍政権に対する揺さぶりと考えた方がいい。安倍政権としては中国製マスクの輸入制限を行うべき!! | ホーム | "【主張】PCR検査 全力で強化し感染を防げ 不十分な態勢に猛省が必要だ" 検査の強化は感染させられる側の用心のためではなくあくまで感染させる側を捕捉するため。感染させる側を野放しにしておいてはいくらむやみに出歩かないようにしても感染を減らすことは困難だから!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4197-3442b226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)