fc2ブログ
2020/04/17

"マスク月3億枚 ソフトバンクが供給へ 来月から、仕入れ値で販売" ソフトバンクがもし中国の厳しい輸出制限をクリアしたとするなら、これは中国政府の安倍政権に対する揺さぶりと考えた方がいい。安倍政権としては中国製マスクの輸入制限を行うべき!!

 4月13日の東京新聞は,”<新型コロナ>マスク月3億枚 ソフトバンクが供給へ 来月から、仕入れ値で販売
 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は十一日、自身のツイッターで、五月から月三億枚のマスクを供給する意向を示した。感染拡大防止に向けて、全国的なマスク不足の解決に協力する。同社は利益を上乗せせず、仕入れ値で販売する方針。
 孫氏は中国の大手メーカーBYDと提携し、専用の製造ラインを設立したと説明。その上で「政府と連携を図り、医療現場をはじめ一人でも多くの人々に供給する」とつづった。医療用の「N95マスク」を月一億枚、一般のサージカルマスクを月二億枚、それぞれ生産するという。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「孫氏は中国の大手メーカーBYDと提携し、専用の製造ラインを設立したと説明。」とあるが、これは中国の輸出規制をクリアしているのだろうか。
 この点については次のような報道がある。

 4月11日の日刊ゲンダイDIGITALは,”中国が“輸出解禁” マスク不足は政府配布が届く前に解消か
 週明けにも政府が全戸に2枚ずつ配布する布マスクが約5000万世帯に届き始める。マスクは1枚当たり200円程度で費やされる税金は送料などを含めて466億円。歓迎する声がある一方、家族の人数に足りないといった不満の声も出ている“アベノマスク”。批判に追い打ちをかけるように、日本中がマスクであふれかえるのは時間の問題だ。
「今週から20フィートコンテナに入れられた大量のマスクが中国から日本に輸出されています。先週まで中国は厳しい輸出制限をしていましたが、ウイルス拡散が沈静化して余裕ができたのか、“輸出解禁”にシフトしました。20フィートコンテナ1台にはマスクが40万枚近く入ります。今月中に数千万枚のマスクが中国から入ってくることになるでしょう」(ある輸入業者)
”と報道した(リンクはこちら)。


 「先週まで中国は厳しい輸出制限をしていましたが、ウイルス拡散が沈静化して余裕ができたのか、“輸出解禁”にシフトしました。」とあるが、「今月中に数千万枚」では従来の輸入分の数分の1であり、これからも中国の「厳しい輸出制限」は続くと見た方が無難である。

 「ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長」がもしこの「厳しい輸出制限」をクリアしたとするなら、これは中国政府の安倍政権に対する揺さぶりと考えた方がいい。
 安倍政権としてはこんなものに惑わされずにマスク不足は中国の「厳しい輸出制限」が原因と声高に唱えて、中国製マスクの輸入制限を行い、国内生産を保護するべきである。

コメント

非公開コメント