FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"検査センター 10カ所に 仮設テントで集中実施 新型コロナ 栃木県体制強化" 一歩前進であるが、郡市医師会が行っていては意味がない。これはあくまで県・宇都宮市自身が行うべきである。もっと望ましいのは希望者自身が行うこと!!

 4月21日の下野新聞は,”検査センター 10カ所に 仮設テントで集中実施 新型コロナ 栃木県体制強化
 新型コロナウイルスの検査体制強化に向け、福田富一知事は20日、PCR検査を集中的に行う「地域外来・検査センター」を県内に10カ所設置すると発表した。かかりつけ医が必要と判断すれば、県・宇都宮市の保健所を介さずに検査を受けられるようになる。軽症者や無症状者については、今月中にも宇都宮市内のホテル1施設で受け入れを始める。
 感染者の増加に伴い、帰国者・接触者外来や保健所の負担が大きくなっている。検査体制を確立するため、国は検査センターの設置を推奨しており、運営の委託先は各都道府県医師会などを例示している。
 検査センターは県内の郡市医師会単位で早急に設置を進める考え。テントなどの仮設施設内に医師や看護師が常駐し、検体を採取する「ウオークイン型」などを想定している。県民が地域のかかりつけ医を受診した際、医師が検査を必要と判断すれば、検査センターを紹介。患者は、指定された日時に同センターで検体採取を受けることになる。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「新型コロナウイルスの検査体制強化に向け、福田富一知事は20日、PCR検査を集中的に行う「地域外来・検査センター」を県内に10カ所設置すると発表した。」とあるのは一歩前進である。

 しかし「検査センターは県内の郡市医師会単位で早急に設置を進める考え。」とあるが、それでは意味がない。
 「郡市医師会」というのは要するに病院であり、それでは医療資源を浪費するからである。
 これはあくまで「県・宇都宮市」自身が行うべきである。
 つまり「保健所」が主体になってどうしても必要なら「医師」を派遣してもらう形にすべきだということである。

 このような中途半端な形でしか改善がなされないのは、「検査体制を確立するため、国は検査センターの設置を推奨しており、運営の委託先は各都道府県医師会などを例示している。」ということに原因がある。
 「」とは厚生労働省であり、ガンは厚生労働省だということである。
 しかしもっと望ましいのは次の報道である。

 4月20日のNHK NEWS WEBは,”新型コロナウイルス検査キット 法人向けに販売開始 楽天
 楽天は新型コロナウイルスの検査キットの販売を法人向けに始めたと発表しました。会社によりますと特定の症状は出ていないものの不安を感じている人を対象にすることを想定していますが、感染の有無を確認する医療的な診断をするものではないとしています。
 発表によりますと、楽天は遺伝子検査などを行っている出資先の企業と連携し、新型コロナウイルスのPCR検査キットの販売を20日から東京や神奈川など首都圏の5つの都や県の法人向けに始めました。
 利用者は、検査キットの綿棒を使って自分で鼻の奥の粘膜や分泌物を採取し、容器に密封したうえで、専用の回収ボックスに入れるということです。
 その後、3日以内で新型コロナウイルスに特徴的な遺伝子が含まれているかどうか、結果が出ると説明しています。
 検査キットは特定の症状は出ていないものの不安を感じている人を対象として想定しています。
 価格は1キット1万4900円で100キットから販売することにしていて、来月以降、提供地域を広げる予定だということです。
 この検査キットについて、感染症対策の専門家は利用者みずからが鼻の奥から粘膜などの検体を採取するときに、十分な量が採取できなかったり、検体を運ぶときにもミスが起きたりする可能性もあるとしています。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「楽天は新型コロナウイルスの検査キットの販売を法人向けに始めたと発表しました。」とあるのは素晴らしい試みである。
 「その後、3日以内で新型コロナウイルスに特徴的な遺伝子が含まれているかどうか、結果が出ると説明しています。」とあるのはそれだけで一応結果が分かるからである。
 「利用者みずからが鼻の奥から粘膜などの検体を採取するときに、十分な量が採取できなかったり、検体を運ぶときにもミスが起きたりする可能性」という懸念もあるかもしれないが、そもそもは「特定の症状は出ていないものの不安を感じている人を対象」なのだから、それはそれで構わない。

 ただ問題は「価格は1キット1万4900円」ということで価格が高いことである。
 これでは現実の利用は無理である。
 おそらく利用が拡大すればスケールメリットで下がってくるだろうから、何とか利用の拡大を図ってもらいたい。
 そのためには最初は補助金の形で税金を投入して価格を下げることが望ましい。
  1. 2020/04/22(水) 02:19:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"楽天のPCR検査キットに「大きな問題」 日本医師会" このような主張は全く馬鹿げている。最大の危険性は無症状者を検査から排除してしまう点。日本医師会の主張は愚かな縄張り意識から発していると断定せざるを得ない!! | ホーム | "大阪府、PCR検査は検体数減らして対応 現場は「余裕ない」" 大阪府でさえ圧倒的に検査機関が少な過ぎる。理由はやはり検査機器が足りないという点だけだろう。要するにすべては政治の問題!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4203-3696286c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)