fc2ブログ
2020/04/24

"女優の岡江久美子さん死去、63歳 新型コロナ肺炎で" 岡江久美子さんのような夜の街に出歩くことはないと思われる中高年女性が感染するのには本当に危機感を感ずる。いかに東京で市中感染が蔓延しているかということ!!

 4月23日の時事ドットコムは,”女優の岡江久美子さん死去、63歳 新型コロナ肺炎で
 「天までとどけ」の母役などホームドラマを中心に活躍した女優の岡江久美子(おかえ・くみこ、本名大和田久美子=おおわだ・くみこ)さんが23日午前5時20分、新型コロナウイルス肺炎のため東京都内の病院で死去した。63歳だった。東京都出身。葬儀の日取りは未定。後日「お別れの会」を開く予定。
 所属事務所によると、岡江さんは3日に発熱し、様子を見るように言われていたが、6日朝に急変して緊急入院した。すぐに人工呼吸器を装着し、その後PCR検査で陽性と判明したという。昨年末に初期の乳がんで手術し、今年1月末から2月半ばまで放射線治療を受けて免疫力が低下していたのが重症化した原因と思われるという。
”と報道した(リンクはこちら)。


 本日、この報道を聞いたときには本当に驚いた。
 事前に感染の報道はなかったし、有名人である「岡江久美子」さんには病院もアビガンの使用などできるだけの手を尽くして救命を図ったと思うからである。
 それでも命を救えなかったのはやはり「昨年末に初期の乳がんで手術し、今年1月末から2月半ばまで放射線治療を受けて免疫力が低下していたのが重症化した原因」という要因が大きかったのだろうか。
 
 それにしても「岡江久美子」さんのような夜の街に出歩くことはないと思われる中高年女性が感染するのには本当に危機感を感ずる。
 いかに東京で市中感染が蔓延しているかということである。
 このことの最大の原因は昨日のエントリーでも書いたが、「PCR検査」に関し間違った対応をしていることにあると思われる。
 その最大の責任は事なかれ主義の官僚を統制するリーダーシップを欠いた「安倍晋三首相」にある。

 しかしいかに国がボンクラでもある程度、地方自治体が独自に動くことは可能である。
 特に東京のような財政力が潤沢な自治体ではなおさらである。
 しかし残念ながら「小池百合子知事」もまた「外出自粛」しか口にできないボンクラだった。
 結論は4月16日のエントリーに書いたことと同じである。

とにかく今回の新型コロナ禍は我が国の体質の致命的な欠陥をさらけ出した。
 戦争というもっと過酷な状況の前にそのことが露わになったのは我々にとってむしろ幸いである。

コメント

非公開コメント