FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"加藤厚労相「37.5度、4日待機がPCR検査要件は誤解」は本当に保健所や国民の誤解なのか" 担当大臣が基本的な間違いをしているのであり、この答弁はまさに更迭もの。連休中にこのように国民が声を上げることによって、連休明けには国会で加藤厚労相や安倍晋三首相が無様に追及されることになるだろう!!

 4月30日のBUZZAPは,”【ファクトチェック】加藤厚労相「37.5度、4日待機がPCR検査要件は誤解」は本当に保健所や国民の誤解なのか
 多くの国民は「37.5度、4日待機」は厚労省が定めたPCR検査のための要件だと考えてきましたが、厚労相は誤解であると国会で答弁しました。
 4日経っていないことを理由に保健所に検査を断られたケースも相次いでいますが、これは本当に私たちの誤解だったのでしょうか。事実関係をチェックしてみました。
 問題となった国会答弁が行われたのは2020年4月29日の参議院予算委員会での立件民主党の蓮舫議員による質疑の中でした。
 蓮舫議員が「37.5度、4日待機」が基準とされているPCR検査の要件を緩和するように求めた際、加藤厚労相はこの基準について「誤解がある」と答弁。以下、当該部分を書き起こします。
加藤厚労相:これは別に検査を受ける要件ではなくて診療の目安ということ。これについては37.5度4日というのは、そこを超えるなら必ず受診していただきたいということで出した。

 さて、ここでまず見ていただきたいのは2020年2月17日に厚生労働省健康局結核感染症課が各都道府県、保健所設置市、特別区の衛生主管部に宛てた「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について」とする通達です。
 これは「新型コロナウイルス感染症専門家会議の議論を踏まえ、一般の方々に向けた新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」としてまとめられたもの。
 そして厚労省は通達先に対して「内容を御了知の上、関係各所への周知及び住民の方々への情報発信を行っていただきますようお願いいたします」としています。
 そして厚労省が「帰国者・接触者相談センターに御相談いただく目安」として挙げているのが以下のもの。
〇以下のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
・ 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方
(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)
・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
(新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安についてより引用)
 高齢者や糖尿病などの基礎疾患を持つ人、人工透析を受けている人、面延期抑制剤や抗がん剤治療を受けている人、妊婦については「この状態が2日程度続く場合」に相談するよう求めています。
 PCR検査の要件自体について誤解が生じた部分はあったにせよ、「37.5度、4日待機」というベースについては政府の一貫した方針となっており、保健所や国民が誤解したわけではなかったということになります。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「多くの国民は「37.5度、4日待機」は厚労省が定めたPCR検査のための要件だと考えてきましたが、厚労相は誤解であると国会で答弁しました。」とあるのには全くあっけにとられた。
 「これは別に検査を受ける要件ではなくて診療の目安ということ。」とあるのは全く間違いだからである。
 つまり「PCR検査の要件自体について誤解が生じた部分はあったにせよ」ということの趣旨は今一つよく分からないが、「「37.5度、4日待機」というベースについては政府の一貫した方針となっており、保健所や国民が誤解したわけではなかったということになります」とあるのは全くそのとおりということである。
 国会で何度も議論されているのに担当大臣が基本的な間違いをしているのであり、この答弁はまさに更迭ものである。

 しかし不思議なのはこの答弁を巡ってはここまで野党政治家から全くと言っていいほど発言がないことである。
 大臣の首を取り安倍政権に打撃を与える格好のチャンスなのだから積極的に発言すべきであるが、なぜ何もないのだろうか。
 野党政治家もすでに連休に入ってボーとしているのだろうか。

 しかし連休中にこのように国民が声を上げることによって、連休明けには国会で「加藤厚労相」や「安倍晋三首相」が無様に追及されることになるだろう。
  1. 2020/05/04(月) 00:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"焦点:緊急事態延長で未曽有の危機に、鈍い日本政府の経済対策" 名目GDPの落ち込みについてはこの夏場までは全体で10%程度か。1次補正25.7兆円が成立したので2次補正の必要額は約30兆円!! | ホーム | "軽症者など療養施設の男性 陰性確認前に帰宅 強制力なく 愛知" 「入所は強制できない」は果たして本当か。自宅では監視の目が行き届かないから。厚生労働省は早急に事務連絡を改正して、療養施設入所を原則にすべき!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4215-f8fd578b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)