FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"PCR、抗原検査「やみくもに増やす意味ない」医師が断言 都民全員に検査しても1週間後は… 感染者を陰性と判断する恐れも" 言っていることが全く頓珍漢。PCR検査は「データを増やす」ために行っているのではなく、「早期に感染者を見つけ出して隔離する」ために行っているから!!

 5月16日のzakzakは,”PCR、抗原検査「やみくもに増やす意味ない」医師が断言 都民全員に検査しても1週間後は… 感染者を陰性と判断する恐れも
 新型コロナウイルスをめぐっては、とにかくPCR検査を増やせという論者が後を絶たない。これについて「医療現場を混乱させるだけだ」と批判するのは、がんや遺伝子の専門医で、日本感染症学会にも所属する仲田洋美医師だ。ネット上でも論客として知られる仲田氏は、ウイルスを15~30分で検出できるという抗原検査についても「やみくもに増やしても意味はない」とクギを刺す。
 PCR検査を症状のない人も受けられるようにして感染の実態を把握することが重要といった主張はいまだに聞かれる。
 仲田氏は「そもそもPCR検査は技術的に難しい中で、限りなくデータを増やすことに何の意味があるのか全く分からない」と語る。
 その理由も明快だ。「仮に感染者の実数を把握するため、都民全員に検査したとしても、陰性だった人たちの1週間後の結果は誰にも分からない。陰性となった人は安心して行動も変わるだろうし、かえって混乱を招く恐れもある」と仲田氏は指摘する。
 「PCR検査の感度(実際に感染しているときに正しく陽性が出る確率)が約7割とされる中、医師が本当に恐れるのは、感染者を陰性と判断してしまい、感染を拡大させてしまうことだ。新型コロナウイルスの場合、重要なのは肺炎など重症化する患者であり、検査を増やすことで医療現場に混乱を生じさせてはいけない。今後、精度を上げる必要性はあるが、症状がみられる人にのみ検査を実施するという政府の方針は現状では理にかなっている」と評価をする。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「仲田氏は「そもそもPCR検査は技術的に難しい中で、限りなくデータを増やすことに何の意味があるのか全く分からない」と語る。」とあるが、言っていることが全く頓珍漢である。
 「PCR検査」は「データを増やす」ために行っているのではなく、「早期に感染者を見つけ出して隔離する」ために行っているからである。

 また「「PCR検査の感度(実際に感染しているときに正しく陽性が出る確率)が約7割とされる中、」とあるのはそのとおりであるが、「感染者を陰性と判断してしまい」を恐れる余り、その10倍、100倍の無症状感染者や感染隠蔽者を野放しにしておいては何の意味もないことになる。

 ひょっとして厚生労働省もこんなおかしな発想から感染対策を行っているのだろうか。
 まさかそんなことはないと思うが、とにかくそうでないことを祈るばかりである。
  1. 2020/05/18(月) 00:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"政府、ビジネス渡航解禁を検討 新型コロナ非感染証明が条件" 供給網の「国内回帰」への逆行であり全く愚か。しかし新型コロナだけを理由にいつまでも往来途絶を継続することも無理。対中国にはやはり尖閣問題!! | ホーム | "札幌の介護施設で3人陽性 クラスター84人に" 疑問の声では済まない。完全な感染症法違反であり正気の沙汰ではない。病床逼迫なら臨時の医療施設に入所させるべき!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4229-08b2c73e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)