FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"コロナ抗原検査、効率的に見直し 陰性でもPCR不要" 当然。こんなおかしなことをしていた原因は無症状者には使用せずという指針にある。この点は廃止されたとばかり思っていたが驚くべきことに廃止されていない!!

 6月16日の産経新聞は,”コロナ抗原検査、効率的に見直し 陰性でもPCR不要
 新型コロナウイルスの感染を15~30分で判定する抗原検査をめぐり、厚生労働省は16日、発症2日目から9日目の患者であれば陰性の結果が出ても、さらにPCR検査を受ける必要はないとの指針を発表した。
 抗原検査は検体採取から短時間で結果が分かる利点があるが、PCR検査に比べて精度が劣り、厚労省は判定結果が陰性でもPCR検査で再確認する必要があるとしていた。
 しかし、抗原検査の精度を詳しく調べた結果、ウイルス排出量が多い発症2日目から9日目であればPCR検査との一致率が高く、信頼できると判断、検査指針を変更することとした。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「新型コロナウイルスの感染を15~30分で判定する抗原検査をめぐり、厚生労働省は16日、発症2日目から9日目の患者であれば陰性の結果が出ても、さらにPCR検査を受ける必要はないとの指針を発表した。」とあるのは当然であり、おかしなことをするものだと思っていた。
 「陰性」でさらに「PCR検査」をするなら最初から「PCR検査」をしていれば済むことだからである。
 さらに言えば「偽陰性」の可能性があるなら「偽陽性」の可能性だってあるわけで、それで隔離されたならたまったものではない。

 「厚生労働省」がこんなおかしなことをしていた原因はどこにあるかというと、それはおそらく6月2日のエントリーで紹介した「抗原検査キット、無症状者には使用せず 厚労省指針」という報道で分かる。
 もとより「」症状者にしか使用しないのだから、「陽性」の可能性が高いという発想である。

 しかしこの点については6月11日のエントリーで紹介した「コロナ抗原診断キット、供給先の優先付けを撤廃 厚労省」という報道から推測されるに廃止されたとばかり思っていた。
 しかし驚くべきことにこの点は廃止されていない。
 今回の見直しにかかる「SARS-CoV-2抗原検出用キットの活用に関するガイドライン 新旧対照表」の改正後には次のとおりある(リンクはこちら)。

6 本キットによる検査の用途及び使用方法
(1)帰国者接触者外来や検査センター及び医療機関における対応
 前記3のとおり、医師が、 新型コロナウイルス感染症を疑う症状があると判断した者に対して、必要性を認めた時に使用する。本キットの無症状者への使用については、無症状者では検査前確率が低いことが想定されることから、現段階において、使用は推奨されない。なお、緊急入院を要する患者で症状の有無の判断が困難な場合については、症状があるものと判断される。
(略)
(2)院内・施設内感染事例のためのクラスター防止のための対応
 クラスターが発生している医療機関、施設等の濃厚接触者等に対する検査について、無症状者への使用は推奨されない。



 相変わらず「無症状者では検査前確率が低いことが想定されることから、現段階において、使用は推奨されない」である。
 結論は6月2日のエントリーで書いたことと同じである。

厚生労働省は14日までに、新型コロナウイルスへの感染の有無を調べる抗原検査簡易キットについて、熱やせきなどの症状があって医師が必要と認めた人を対象とし、症状のない人には使わないとする利用指針をまとめた。」とあるが、頭がおかしいとしか思えない。
 「熱やせきなどの症状があ」る人間が「5万人」もいれば大変なことで、「緊急事態宣言」の解除どころの騒ぎではないだろう。
 そうではなく「緊急事態宣言」の解除後に市中感染が蔓延しないよう「症状のない人」にも積極的に使ってその芽を早期につみ取っていくのが「抗原検査キット」のあるべき利用方法である。
  1. 2020/06/17(水) 01:00:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"PCR結果の前に移動許可、後に陽性判明 関空の検疫所" 船員の場合は「人道上配慮すべき事情」がないので、「PCR検査」以前にそもそも「上陸拒否」の対象にしなかったことがおかしい!! | ホーム | "拉致被害者家族「政府は実行あるのみ」 横田滋さん死去受け署名活動" 署名活動は意味がないのが現実。彼らがなすべきは拉致問題の解決に有効な政策を掲げて政党を結党し選挙に打って出ること。必要なのは「恥も外聞も顧みない必死さ」。彼らにはそれがない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4259-25fc49d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)