FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"河野防衛相、新たな抑止策検討「どんな選択肢も排除せず」" イージス・アショア配備計画断念には賛成。そもそも技術的に徒労だから。同じく金をかけるなら敵基地攻撃能力の保有か核シェルターの設置!!

 6月25日の産経新聞は,”河野防衛相、新たな抑止策検討「どんな選択肢も排除せず」
 河野太郎防衛相は25日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画断念を受けた新たな抑止策をめぐる国家安全保障会議(NSC)の議論について「どんな選択肢も排除しない」と語った。日本外国特派員協会での質疑で、敵基地攻撃能力の保有などを検討するのかとの質問に答えた。
 自民党が近くスタートさせるミサイル防衛に関する検討チームに触れ「議論がどうなるか見守る」と強調した。
 自民内では、弾道ミサイル発射拠点を攻撃する敵基地攻撃能力の保有について、積極的に検討すべきだとの意見がある。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画断念」には当方も賛成である。
 高空から高速で落下するミサイルを下から迎撃するという発想がそもそも技術的に徒労だからである。
 それよりも同じく金をかけるなら次の2つのことの方が合理的である。
 第1は「弾道ミサイル発射拠点を攻撃する敵基地攻撃能力の保有」、第2は核シェルターの設置である。
 第1については「ミサイル防衛に関する検討チーム」の議論の行方を見守りたい。
 第2については昨年次のような質問主意書があった(リンクはこちら)。

核シェルターの普及状況に関する質問主意書
           令和元年十二月四日
 熊谷 裕人   

五 多くの有識者からもその必要性が指摘されているように、唯一の被爆国であるわが国は、これまでの政府の見解を修正し、政府主導で核シェルターの普及のための検討をはじめるべきではないか。そして、アメリカ、ロシア、イギリスのような水準の核シェルターの普及を実現すべきではないか。
六 前記五に関して、既に核シェルターの普及のための検討を政府内で開始しているのであれば、その検討状況の概略を示されたい。開始していないとすれば、検討の事実はいまだない旨を示されたい。


 これに対する政府の回答は次のとおりである(リンクはこちら)。

政府としては、武力攻撃事態等における住民の避難に関し、弾道ミサイルの着弾の衝撃や爆風により発生する被害をできる限り軽減する観点から、コンクリート造り等の堅ろうな施設や建築物の地階、地下街、地下駅舎等の地下施設への避難が有効であると認識しているところであり、平成二十九年十二月に、国民保護法第三十二条の規定に基づき定められた「国民の保護に関する基本指針」(平成十七年三月二十五日閣議決定)の一部を変更し、都道府県知事等による避難施設の指定に当たっての留意事項として「爆風等からの直接の被害を軽減するための一時的な避難に活用する観点から、コンクリート造り等の堅ろうな建築物や地下街、地下駅舎等の地下施設を指定するよう配慮する」ことを明記したところである。
 あわせて、内閣官房を中心とした関係省庁においては、現在、避難施設の在り方に関し、一定期間滞在可能な施設とする場合における必要な機能や課題等について、諸外国の調査も行うなどして、検討を進めているところである。



 「諸外国の調査も行うなどして、検討を進めているところである」とあるだけだから、まだ具体的な補助制度などはできていないようである。
 政府としては早急にそのような制度の創設に着手すべきである。
  1. 2020/06/26(金) 03:19:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"無症状の感染者、より長期間コロナを拡散させる可能性がある=香港メディア" 危惧されるのは小池都知事が無症状患者の隔離をしっかりやっていないのではないかという点。これは隔離の法的根拠をコロナ特措法にあると誤解しているせいではないか!! | ホーム | "韓国の女性高官がWTO事務局長選に立候補表明" 問題はこの兪明希通商交渉本部長の立候補に安倍政権が反対を表明できるか。お坊ちゃんの安倍晋三首相の性格から言ってそれはやはり無理だろう!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4268-0d5a49d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)