FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"中国船の領海侵入続く 尖閣周辺、2日連続" 生態調査関連で多少、意味のあることと言えば、実際に島に常設施設を設けて環境調査をすることであるが、安倍政権は絶対にやらないだろう!!

 7月3日の産経新聞は,”中国船の領海侵入続く 尖閣周辺、2日連続
 第11管区海上保安本部(那覇)は3日、沖縄県・尖閣諸島周辺で2日に領海侵入した中国海警局の船2隻が、引き続き領海内にとどまっていると発表した。尖閣周辺での領海侵入は2日連続となり、今年で14日目。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「第11管区海上保安本部(那覇)は3日、沖縄県・尖閣諸島周辺で2日に領海侵入した中国海警局の船2隻が、引き続き領海内にとどまっていると発表した。」とあるのは中国の行動が一段進んだ感じである。
 これまでは出入りを繰り返すだけだったが、今回は「引き続き領海内にとどまっている」だからである。
 さて肝心なのは日本側の対応であるが、最大の問題は政権政党である自民党の対応がはっきりしないことである。
 例えばこの問題に対する直近の動きは次のとおりである。

 6月25日の産経新聞は,”尖閣諸島の生態系調査へ議員立法 自民有志 政府に義務づけ
 中国公船による尖閣諸島(沖縄県石垣市)での挑発行為が続く中、自民党の有志議員らが25日、国会内で会合を開き、政府による尖閣諸島の生態系調査の実施に向けた議員立法の制定を目指す方針を確認した。
 会合では、サワラやメバチやアカマチなど石垣市の漁師が尖閣周辺海域で釣り上げた計720キロの魚の一部を展示した。日本が尖閣諸島を実効支配していることを改めて内外に示す狙いがある。
”と報道した(リンクはこちら)。 


 「会合では、サワラやメバチやアカマチなど石垣市の漁師が尖閣周辺海域で釣り上げた計720キロの魚の一部を展示した。」とあるから、この「生態系調査」とは水産資源調査を指すのだろうか。
 もしそうだとすれば、広い領海の中で少し位、水産資源調査をした位では中国公船に対する何の足枷にもならないだろう。

 そうではなくこの関連で多少、意味のあることと言えば、実際に島に常設施設を設けて環境調査をすることである。
 これは人間の盾の意味を持つからである。
 しかしこれは2013年に「安倍晋三首相」が速攻で島の有人化の公約破りをしたことからすれば、安倍政権は絶対にやらないだろう。
 さてその前の自民党の行動は次のとおりである。

 6月4日の産経新聞は,”自民外交部会、尖閣侵入で政府に中国への厳重な抗議要請「明らかに違法性」
 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で繰り返される中国公船による領海侵入をめぐり、自民党の中山泰秀外交部会長らは4日、首相官邸を訪れ、政府に中国側への厳重な抗議を求める決議文を菅義偉官房長官に提出した。菅氏は「関係機関と連携し、領土・領海・領空、尖閣諸島海域をしっかりと守り抜く」と述べた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「厳重な抗議」と「厳重でない抗議」とは一体何が違うのだろうか。
 「抗議」だけなら今までも何十回としているところであり、確信犯の相手にそんなものが意味がないのは子供でも分かることである。

 とにかく待望久しく中国が本気で尖閣諸島を取りに来ているのは間違いのないことであり、我々としてはいよいよ真価発揮と島占拠のXデーを心待ちにしているところである。
  1. 2020/07/04(土) 00:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"対中制裁に慎重な政府…効果と反作用にらむ 香港国家安全法" 当方はむしろ「香港国家安全維持法」を理由とする対中制裁には反対。基本的にウィグルやチベットのような異民族は絡まないのだから中国の言うように内政問題だと思うから!! | ホーム | "東京で107人新規感染 2カ月ぶり3桁―小池知事「夜の街外出自粛を」" 小池都知事の無能無責任振りが目に余るところであり、もし対抗馬が実績のある人物であれば、再選はあり得ないこと!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4277-6e2c267c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)