FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"マスク1枚10円台に急落 参入の中小、生き残りへ知恵" 生産維持のための障害はひたすら「安価な輸入品」だが、日本政府の政策は相変わらず補助金支給だけ。「喉元過ぎれば熱さ忘れる」で第2波でも同じうようにマスク不足を繰り返すだろう!!

 7月7日の日経新聞は,”マスク1枚10円台に急落 参入の中小、生き残りへ知恵
 新型コロナウイルスによるマスク需要の高まりを見込んで異業種から参入した中小企業が、採算の確保に苦心している。安価な輸入品が流通するようになり、国産品も大手企業が生産量を増やしているためだ。新型コロナの「第2波」などで再び需給が逼迫する可能性があり、参入組はマスクへの印字サービスや通気性のいい夏用の開発など事業継続の道を探っている。
 「国産マスクは1枚50円程度で売らないと事業を続けられない」。4…
”と報道した(リンクはこちら)。


 有料記事なので全部は読めないが、これだけでも趣旨は十分に理解できる。
 「国産品も大手企業が生産量を増やしているためだ」とあるが、「大手企業」だけでは国内需要の全部を賄いきれる訳ではないので、「中小企業」の生産も大切である。
 生産維持のための障害が何かと言えば、「中小企業」が「大手企業」にコストで負けることは考えにくいから、答えはひたすら「安価な輸入品が流通するようになり」である。
 果たして日本政府はその障害を取り除くのに有効な手を打てているのだろうか。

 マスクの国内生産に関して日本政府の政策を検索してみたが、相変わらず次のような補助金支給のものだけのようである(リンクはこちら)。
  
令和2年度「N95マスク・非接触体温計・パルスオキシメータ生産設備導入支援事業」の公募について
              2020年6月26日
              商務・サービスグループ
              医療・福祉機器産業室
募集概要
 経済産業省では、令和2年度N95マスク等生産設備導入支援事業費補助金に関して、N95マスク等の国内における安定的な供給量の確保を早期に実現するため、N95マスク・非接触体温計・パルスオキシメータの生産設備の増強等を行う事業者を募集するものです。



 しかしこのような政策だけでは低価格競争には全く無力であり、「採算の確保に苦心」という事態は避けられないところである。
 問題解決の鍵はあくまで「安価な輸入品が流通するようになり」という構造を破壊することである。
 では「安価な輸入品」の原因は何か。
 それには2つの理由があると思う。
 第1は品質の低さ、第2は不公正な為替レートである。

 第1については本来、「安かろう悪かろう」は流通から排除すべきであるが、我が国は全くそれができていない。

 第2については「安価な輸入品」というと我が国では「海外は人件費が安いから」で片付けてしまうが、そのような考え方は経済学的には全く間違いである。
 いつも書いているように人件費には高いも安いもなく、すべては為替レートのなせる技だということである。
 したがって「海外は人件費が安い」と考えられるなら、その為替レートは必ず不公正なのである。

 安倍政権はこのような発想で政策を行うべきであるが、全くそれができていない。
 結局、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」で第2波でも同じうようにマスク不足を繰り返すだろう。
  1. 2020/07/08(水) 03:55:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<"東京・歌舞伎町ホスト感染「共同生活が原因」「10万円目当て」を否定" 新宿区の姿勢が間違っていることを何よりも端的に示すのは、「元ナンバーワンホストに協力を求め」という事実。これはあくまで感染症法の規定による強制でなければならないから!! | ホーム | "熊本水害、治水は万全だったのか 民主党政権が「川辺川ダム」の計画中止 専門家「ダムによる治水必要だった」" 「大変なショック」とあるが結果の重大さから考えるとこんなに暢気に構えていられるのは理解不能。政治的責任を超えて法的責任まで問われても不思議ではないから!!>>

コメント

次の記事も楽しみにしています^ ^
  1. 2020/07/08(水) 04:00:52 |
  2. URL |
  3. GRL 中藤光良玲 #GWMyNl/.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4281-716dfa2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)