fc2ブログ
2020/07/13

"鹿児島知事に塩田氏初当選 現職ら6人破る" 2期目の現職が破れること以上に驚いたのは現職に対する自民、公明推薦という事実。前回選挙で野党統一候補であった人物に何をもって「価値観を共有できる」と判断できるのかさっぱり分からない!!

 7月13日の時事ドットコムは,”鹿児島知事に塩田氏初当選 現職ら6人破る
 任期満了に伴う鹿児島県知事選が12日投開票され、無所属新人で元経済産業省九州経済産業局長の塩田康一氏(54)が、現職の三反園訓氏(62)=自民、公明推薦=、前職の伊藤祐一郎氏(72)ら6人を破っての初当選を果たした。投票率は49.84%で、参院選とのダブル選だった前回を6.93ポイント下回った。
 三反園氏の県政運営の是非や新型コロナウイルス対策などが争点だった。塩田氏は当初自民、公明両党に推薦願いを出したが、両党は三反園氏を推薦。「反現職候補」として伊藤氏との一本化を求める声が野党などから出たがまとまらず、政党の推薦を受けずに地域の中小企業や農家などを回る草の根選挙を展開した。新型コロナ対策として経産省での経験を生かした中小企業支援など産業振興を訴え、幅広く浸透した。
 三反園氏は前回選挙で「脱原発」を掲げ、野党の支援も受けて出馬。当時の現職伊藤氏の4選を阻み初当選した。しかし、その後九州電力川内原発の運転継続を容認するなど、政治姿勢が一貫していないとの批判が強かった。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「任期満了に伴う鹿児島県知事選が12日投開票され、無所属新人で元経済産業省九州経済産業局長の塩田康一氏(54)が、現職の三反園訓氏(62)=自民、公明推薦=、前職の伊藤祐一郎氏(72)ら6人を破っての初当選を果たした。」とあるのは驚いた。
 首長選で2期目の現職が破れることは珍しいからである。

 しかしそれ以上に驚いたのは「現職の三反園訓氏(62)=自民、公明推薦=」という事実である。
 「三反園氏は前回選挙で「脱原発」を掲げ、野党の支援も受けて出馬。」とあるとおり、現職は野党統一候補だったはずだからである。
 自民の推薦については党主導と地方主導のどちらだったのだろうか。
 これについては次の報道があった。

 2月29日の西日本新聞は,”三反園氏を自民県議団が推薦 7月の鹿児島県知事選
 7月投開票が予定される鹿児島県知事選を巡り、県議会(定数51)で38議席を占める自民党県議団は28日の総会で、現職の三反園訓氏(62)を推薦することを決めた。
 県議団は三反園氏から推薦願が出された昨年12月から協議を重ね、候補者が出そろった段階で決めるとしていた。
 団によると、三反園氏の施策への取り組み、エネルギー政策や安全保障で自民党と価値観を共有できる点などを評価。全会一致で決まったという。ただ、ある県議は「執行部が押し切った。一枚岩ではない」と話した。
”と報道した(リンクはこちら)。 


 「7月投開票が予定される鹿児島県知事選を巡り、県議会(定数51)で38議席を占める自民党県議団は28日の総会で、現職の三反園訓氏(62)を推薦することを決めた。」とあるからこれは地方主導のようである。
 それにしても「団によると、三反園氏の施策への取り組み、エネルギー政策や安全保障で自民党と価値観を共有できる点などを評価。」とあるが、前回選挙で野党統一候補であった人物に何をもって「価値観を共有できる」と判断できるのかさっぱり分からない。
 もし前回選挙後に現職が政治主張を変えたというのであれば、主張の内容以前にそれこそ政治的節操がない人物として拒否すべきものである。

 とにかく球磨川水害を引き起こした熊本県もそうであるが、九州南部は総じて政治的劣化が進行しているようである。

コメント

非公開コメント