FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"東京の感染者143人 受け入れホテルほぼ埋まる" 民間ホテルの対応には限りがあるから都内公営施設の利用を積極的に検討すべき。奥の手は五輪選手村。小池都知事は何とか組織委員会を説き伏せるべき!!

 7月15日のテレ朝ニュースは,”東京の感染者143人 受け入れホテルほぼ埋まる
 東京都が14日に確認した新型コロナウイルスの感染者は143人でした。6日続けて100人を超えるなか、感染者を受け入れるホテルの部屋がほぼ埋まっていることが分かりました。
 東京都によりますと、143人のうち夜の繁華街で接待を伴う飲食店の従業員や客の割合は約17%で、先週1週間の平均30%と比べると減少しています。一方、都内の感染者は連日100人を超えています。こうしたなか、軽症や無症状の人を受け入れるホテルの部屋がほぼ埋まっていることが分かりました。都内に2つある受け入れ先のホテルのうち一つとの契約がまもなく切れることから、残る1つのホテルだけで感染者を受け入れているためだということです。都の担当者は新しいホテルが決まるまで無症状の人は自宅療養をしてもらうとしています。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「都の担当者は新しいホテルが決まるまで無症状の人は自宅療養をしてもらうとしています。」とあるのは後手だなとは思うが、東京都としてもまさかこれほど夜の街に感染が蔓延しているとは思わなかっただろうから、そのことを批判してもしょうがない。
 それよりも考えるべきは受け入れ先の確保方策である。
 その際に「新しいホテルが決まるまで」とあるが、民間の「ホテル」に期待していても対応には限りがある。
 それよりも東京都内に所在する都や国の施設の利用を積極的に検討すべきである。

 「旅ネット」というサイトには「東京都宿泊施設(公共の宿編)」として29の施設が紹介されている(リンクはこちら)。
 これには室数のデータが表示されていないが、「公共の宿.NET」というサイトには「東京都の公共の宿」としてそれぞれのURLが表示されているから、調べれば室数もすぐに分かるだろう(リンクはこちら)。
 各施設とも最低、50室位は有するだろうから、
  50室×29施設=1,450室
位は用意できる可能性がある。
 努力すればこのうち半分の700室位は確保できるのはないだろうか。

 そして当方が奥の手として提案したいのは五輪選手村である。
 日刊ゲンダイには次のような記事がある(リンクはこちら)。

無人の東京五輪選手村マンションに1室だけつく明かりの怪
公開日:2020/05/14 06:00 更新日:2020/05/14 06:00
 東京五輪が1年延期になった東京の晴海あたり、夜明々と灯がついているほかのマンション群に埋もれて、そこだけ真っ暗、死んだように眠り続ける一角がある。
 東京五輪選手村。東京ドーム9個分の埋め立て地にぶっ建てた21棟。部屋数なんと3850室。
」  


 「ぶっ建てた」とあるから、「3850室」はすでに完成しているのだろう。
 「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」は抵抗するだろうが、五輪ができるかできないかの瀬戸際なのだから、「小池都知事」は何とか組織委員会を説き伏せるべきである。
  1. 2020/07/16(木) 04:22:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【主張】増える豪雨被害 減災直結の適応策を急げ"  原因は地球温暖化に関する国際世論とは関係がなく単純に経済不況による予算削減。問題解決には戦後政治の中で生まれてきた自民党政権では思想的に無理!! | ホーム | "東京の感染者、感染確認後 連絡取れない人存在" 396人ではなく少なくとも1,000人は何の対処もせず、野放し状態にあると見るべき。もう少し国が制度を整備する必要がある!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4289-2573639b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)