fc2ブログ
2020/07/20

"東京都内の軽症・無症状者向け宿泊施設がパンク寸前" 「感染者の増加状況を見ながら」とあるが感覚がおかしい。もうとっくにそんな状況になっている。感染者3000人弱が野放し状態!!

 7月19日の東京新聞は,”東京都内の軽症・無症状者向け宿泊施設がパンク寸前 新規感染者の急増で
 新型コロナウイルス感染症が再拡大していることを受け、東京都が軽症患者と無症状者向けに確保しているホテルなど宿泊療養施設の定員が逼迫ひっぱくしている。連日200人を超える新規感染者が発生している中、ホテル借り上げ契約の切り替え時期に当たったこともあって一時的に定員が減少。自宅療養に回るケースが増えており、都は施設の確保を急ぐ。
 自宅療養は健康観察がしにくかったり、同居家族がいる場合は感染リスクが高くなったりする課題があり、都は新たな宿泊療養施設として「the b 池袋」(豊島区)での受け入れを16日に開始。滞在可能人数は約110人で、現在稼働している八王子市のホテルとの計2カ所で計約210人分の受け皿を整えた。7月中にはさらに1カ所追加する。
 都は「感染者の増加状況などを見ながら、新たな施設を開設していくことになるだろう」とする。当面、最大4000人分の部屋を確保できるようにする方針。宿泊療養関連はこれまでに計370億円を予算化している。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「都は「感染者の増加状況などを見ながら、新たな施設を開設していくことになるだろう」とする。」とあるが、感覚がおかしい。
 もうとっくにそんな「状況」になっているだろう。

 そこで何度も掲載しているが、東京都のこの1か月間の感染者の取扱い状況をもう一度示したい。
 7月19日時点における「2 都内患者数」の状況はこちらに出ている(リンクはこちら)。
 また6月19日時点における「2 都内患者数」の状況はこちらに出ている(リンクはこちら)。
 その差引がこの1か月間における感染者の取扱い状況になるので表にすると次のとおりである。

2 都内患者数
時点総数入院中重症者宿泊療養自宅療養入院・療養等調整中死亡退院※療養期間経過を含む
7月19日9,411917121363626133267,057
6月19日5,709209183726463205,071
差引3,702708-69933656761,986


 「総数」の「3,702」人のうち「隔離」と言えるのは、「入院中」の「708」人と「宿泊療養」の「99」人だけだから、残りの、
    3,702-(708+99)=2,895人
のうち、本当に「退院」した可能性のある100人程度を除いた2,795人は「野放し」状態で他人にうつし放題である。
 これでは今後も感染爆発は避けられないところである。

 とにかく「小池都知事」の無能無責任振りは目に余るところであり、もっとしっかりしないと本当に東京五輪はなくなってしまうだろう。

コメント

非公開コメント