FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"経済回すには「検査と隔離のシステム」の徹底不可欠" まだ隔離が足りていなかったことの原因は感染症の専門家が『悪』と感じているからではなく小池都知事が強制力の行使から逃げているだけ。要するに戦後政治の体質的欠陥!!

 7月22日のAERAは,”経済回すには「検査と隔離のシステム」の徹底不可欠 小林慶一郎・コロナ分科会メンバーが語る
 緊急事態宣言が解除以降、経済と感染制御の両立が課題になっている。だが、再び感染が広がりつつあり、舵取りの難しさが露呈している。どうすればバランスをうまく保つことができるのか。AERA 2020年7月27日号で、小林慶一郎・東京財団政策研究所研究主幹は「検査と隔離」の重要性を説く。
*  *  *
 経済学者として小林さんがPCR検査を重視するのはこんな考え方からだ。
「感染のリスクが高いと、経済が回りません。間違いなく萎縮してしまいます。消費者が怖がって旅行に行かなくなったり、外出しなくなったりするのは当然のことです。感染リスクが高ければ企業の活動も落ちるし、消費者の活動も止まるので、経済は冷え込みます。どうすればリスクを下げられるかを考えると、検査をして陽性者を隔離するしかありません」
 検査は、経済と感染制御を両立させるための唯一の手段なのかもしれない。小林さんはこう続ける。
 「検査と隔離のシステムが十分に発達しないという前提であるならば、経済と感染制御は二項対立となります。つまり、感染を抑えようと思えば経済を止める、経済を活発にさせようとしたら、感染が広がるという『トレードオフ』の関係です」
 感染が広がる現状は、「残念ながらまだ検査が足りていなかったのだと思います」と小林さんは認識するが、分科会のメンバーに入って公衆衛生の専門家と議論をする中で、その原因の一端を感じたという。
「感染症の専門家のみなさんの感覚としては、検査をして人を隔離するという行為を『悪』と感じているようです。人の権利を奪うわけですから、間違って隔離したら大変な人権侵害になるため、躊躇があるようです。それはある種の正義感や倫理観から来るものなのでしょうが、経済の専門家とはかなり感覚が異なっています」
※AERA 2020年7月27日号
”と報道した(リンクはこちら)。


 「どうすればリスクを下げられるかを考えると、検査をして陽性者を隔離するしかありません」とあるのには賛成であるが、「感染症の専門家のみなさんの感覚としては、検査をして人を隔離するという行為を『悪』と感じているようです。」という原因分析はどうか。
 当方に言わせればこれは完全に間違いである。
 というのは感染症法の規定では「感染者は隔離」が原則だからである。
 何度も引用するが、感染症法は次のとおり定めている。

(入院)
第十九条
3 都道府県知事は、第一項の規定による勧告を受けた者が当該勧告に従わないときは、当該勧告に係る患者を特定感染症指定医療機関又は第一種感染症指定医療機関(・・・)に入院させることができる。



 これは「入院させることができる」と「都道府県知事」の裁量の形になっているが、特段の理由なくそうしない場合は当然、裁量違反の形になるだろう。
 したがって「残念ながらまだ検査が足りていなかった」、正確に言えば「まだ隔離が足りていなかった」ことの原因は、「感染症の専門家」が「『悪』と感じている」からではなく、東京の場合は「小池都知事」が強制力の行使から逃げているだけである。
 ではなぜ逃げているかと言えば強制力の行使が必ず摩擦や対立を発生させるからである。
 これは小さくはこのような問題から、大きくは安全保障まで我が国の政治に共通の体質であって、要するに戦後政治の体質的欠陥である。

 とにかく政治が摩擦や対立を恐れていては我が国の発展はあり得ないのであって、日本国民がこのような戦後政治の体質的欠陥を肌身に感ずることは今後の政治の変革のためには大変望ましいことである。
  1. 2020/07/24(金) 02:45:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"不明感染者、警察が所在確認協力 保健所の判断で依頼" やっていることが本末転倒。「感染者の隔離を受けるべき義務」が法律上、不明確であるのに、国民は居住の自由を侵される理由がないから。厚生労働省が何にもましてまずやるべきことはその義務を法律上、明確にすること!! | ホーム | "マスク工場・医療機器の国内生産拠点化に補助…供給網の多元化支援" 問題はイニシャルコストではなくランニングコスト。この問題に関する日本政府の認識は余りに甘過ぎる。喉元過ぎれば熱さ忘れるで国内生産拠点化は今回も掛け声だけで終わるだろう!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4297-79b2573b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)