fc2ブログ
2020/08/03

"<独自>中国、漁船群の尖閣領海侵入を予告 「日本に止める資格ない」" 実際にこのような事態になれば、おそらく安倍晋三首相は何も決断できないまま政権を投げ出してしまうだろう。それは産みの苦しみとしてやむを得ないこと!!

 8月2日の産経新聞は,”<独自>中国、漁船群の尖閣領海侵入を予告 「日本に止める資格ない」
 中国政府が日本政府に対し、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での多数の漁船による領海侵入を予告するような主張とともに、日本側に航行制止を「要求する資格はない」と伝えてきていたことが2日、分かった。16日に尖閣周辺で中国が設定する休漁期間が終わり、漁船と公船が領海に大挙して侵入する恐れがある。日本の実効支配の切り崩しに向け、挑発をエスカレートさせる可能性もあるとみて日本政府内では危機感が高まっている。
 大挙侵入予告といえる主張を伝えてきたのは、7月2~5日に中国公船2隻が尖閣周辺の領海に侵入して操業中の日本漁船1隻に接近し、平成24年の尖閣諸島国有化以降で最長の39時間以上も領海にとどまった時期だ。
 中国政府当局は「日本の海上保安庁は(尖閣周辺で)1隻の日本漁船すら航行するのを止められなかった」と批判。「数百隻もの中国漁船の(尖閣周辺での)航行を制止するよう(日本が)要求する資格はない」と述べた。
 日本政府高官はこの主張を「意趣返しの意思表示で休漁明けの挑発を正当化する布石だ」と指摘する。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「中国政府が日本政府に対し、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での多数の漁船による領海侵入を予告するような主張とともに、日本側に航行制止を「要求する資格はない」と伝えてきていたことが2日、分かった。」とあるのはもし本当に「多数の漁船による領海侵入」という事態が実現するならば、当方としては待ちに待った時期の到来である。

 尖閣諸島の国有化は2012年9月だから、こんな事態は2013年か遅くとも2014年には実現すると期待していたが、こんなに遅くなったのは「安倍晋三首相」の手もみ戦術による時間稼ぎが奏功したと言うべきだろう。
 ではその稼いだ時間で何かやったのかと言えば、それは何もないのだから、いつもの事なかれ主義による無責任政治である。
 したがってこのような予告に接して安倍政権が行っているのは次のことだけである。

 7月31日の時事ドットコムは,”尖閣侵入、日中間で意思疎通
 外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長は31日、中国外務省の洪亮・辺境海洋事務司長とテレビ会議方式で会談した。滝崎氏は中国公船による沖縄県・尖閣諸島周辺海域への度重なる侵入に改めて抗議。両氏は引き続き政府間の意思疎通を図ることを確認した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「滝崎氏は中国公船による沖縄県・尖閣諸島周辺海域への度重なる侵入に改めて抗議。」とあるが、ただの「抗議」など何の意味もないことは自明である。
 実際に「多数の漁船による領海侵入」という事態になれば、「安倍晋三首相」は米軍の行動を期待するだろうが、我が国が主体的に動かなければ米軍が動くわけがない。
 したがっておそらく「安倍晋三首相」は何も決断できないまま政権を投げ出してしまうだろう。
 それによって我が国は一層の混乱に陥ることは確実であるが、それは産みの苦しみとしてやむを得ないことである。

コメント

非公開コメント