FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局" 当方の予測は心配しなくても「日系企業は中国から出ていけない」。その理由はサプライチェーン(供給網)の国内回帰を促進する支援制度が日中のコスト構造の乖離を壊すには弱すぎるから!!

 8月2日の産経新聞は,”「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
 中国側は、日系企業による「脱中国」の動きを警戒している。トランプ米政権が新型コロナウイルスの流行後に、世界経済の中国依存からの脱却を図ろうとしており、日本もその動きに同調するかどうか危機感を強めているとみられる。
 「本当に日系企業は中国から出ていくのか?」
 上海の日系企業関係者は今春以降、こうした質問を地元当局者から何度も受けた。きっかけは、4月に日本政府が成立させた令和2年度第1次補正予算に、サプライチェーン(供給網)の国内回帰や多元化を促進する支援制度が盛り込まれたことだ。
 中国では人件費高騰などの影響で海外への生産移管の動きが出ていたが、コロナ後にこれが加速することを懸念する。トランプ政権は、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)など中国企業の排除を推進。サプライチェーンでも脱中国化を狙っているからだ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「本当に日系企業は中国から出ていくのか?」とあることについては、当方の予測は心配しなくても「日系企業は中国から出ていけない」である。
 その理由は「サプライチェーン(供給網)の国内回帰や多元化を促進する支援制度」が日中のコスト構造の乖離を壊すには当然のことながら弱すぎるからである。
 この「日系企業は中国から出ていけない」ことについては次のコラムでも指摘されている。

 6月20日の産経新聞は,”【田村秀男のお金は知っている】安倍政権が産業界に「脱中国」を呼びかけても…コロナ感染でますます中国にのめり込む主要企業
 まさに笛吹けど踊らず、である。中国・武漢発新型コロナウイルス恐慌を機に安倍晋三政権が産業界に「脱中国」を呼びかけても、主要日本企業は逆に対中投資を増やす情勢にある。
 安倍政権は新型コロナウイルスの感染爆発で中国でのサプライチェーン(供給網)が寸断したことを受け、生産拠点が集中する中国などから日本への国内回帰や第三国への移転を促すことにした。4月の第1次補正予算で緊急経済対策の一環として総額2435億円を2020年度補正予算案に盛り込み、生産拠点を国内や第三国に整備する場合、建物や設備導入費用の一部を補助する。だが、主要企業には脱中国のムードはほとんど盛り上がってはいない。
 背景は、やはり主要企業の間の中国市場成長幻想が一向に弱まってはいないことが上げられる。習近平政権はEVや人工知能(AI)の普及に向け、外資の投資を催促している。(産経新聞特別記者・田村秀男)
”と報道した(リンクはこちら)。


 「だが、主要企業には脱中国のムードはほとんど盛り上がってはいない。」とあるのは全くそのとおりである。
 しかしその理由として「背景は、やはり主要企業の間の中国市場成長幻想が一向に弱まってはいないことが上げられる。」とあるのは全く間違いである。
 「日系企業は中国から出ていけない」理由は「中国市場成長幻想」ではなく、上で書いたとおり日中のコスト構造の乖離の故である。

 したがってこの「産経新聞特別記者・田村秀男」のような論者は、たとえ無理矢理であろうと「中国市場成長幻想」を上回るほど積極財政で国内需要さえ作れば、「サプライチェーン(供給網)の国内回帰」が実現され、全ては上手く行くと考えやすい。
 しかし当方に言わせれば、これは余りにもお花畑の発想である。
 いくらそんなことをしようと現実には、「サプライチェーン(供給網)の国内回帰」を達成できないまま、通貨の過剰供給により日中のコスト構造の乖離が一層拡大され、数年先にはむしろ我が国の実質GDPの減少をもたらすだろうと予測される。

 やるべきことはそうではなく日中のコスト構造の乖離を壊すことである。
 ただそれをもたらしているのは中国の不公正な為替レートなのだから、それを行うためにはトランプ政権を上回るほどの中国との激しい経済戦争が必要である。

 今回の60兆円にも及ぶ膨大な補正予算からも分かるとおり、安倍政権でもこの論者の主張のような政策までは可能である。
 しかし日中のコスト構造の乖離を壊すことは日中友好しか考えない自民党には無理であり、我々、真正保守勢力しかできない。
 日本人が真に日本経済の復活を願うなら、我々、真正保守勢力に政権を委ねるしかない。
  1. 2020/08/06(木) 02:50:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<"コロナ対策、予備費1.2兆円支出 持続化給付金で80万社支援―政府" こんなチビチビやっていたのでは到底、60兆円の補正予算の年度内執行には間に合わないのではないか。定額給付金をもう一度実行することが最も効果的かつ効率的。臨時交付金さえ増額すれば、もう一度成人に配ることは容易!! | ホーム | "持続化給付金の2次補正分の「振り込み」事業者決まらず再入札" 国から地方にどかんと予算を流して地域の実情に応じて地方にやらせればよかったのではないか。補正予算の半分の28兆円程度はこのようなやり方にすべきであった!!>>

コメント

お気に入りさせていただきました^^
  1. 2020/08/06(木) 02:50:57 |
  2. URL |
  3. 大西村光良 #GWMyNl/.
  4. [ 編集]

初見です!
  1. 2020/08/06(木) 02:55:49 |
  2. URL |
  3. 福嶋徳彦里 #GWMyNl/.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4311-5c7b1995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)