FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"無断で抜け出し コロナ軽症“困ったチャン”の強制隔離は?" 宿泊療養施設「大阪アカデミア」が臨時の医療施設に該当するならこの大阪府健康医療部の担当者の言い分は明らかに間違い。条例さえ整備すればその違反に対する行政罰を課することも簡単!!

 8月7日の時事ドットコムは,”自宅療養の対象者拡大 新型コロナ、感染者増で―厚労省
 厚生労働省は7日、新型コロナウイルス感染症の軽症者と無症状者について、自宅での療養を認める対象を広げると発表した。感染者増に伴い、宿泊施設に入れず自宅で過ごす軽症者らが増えたのを受けた措置。1人暮らしで自立生活できることなどを条件にした。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「感染者増に伴い、宿泊施設に入れず自宅で過ごす軽症者らが増えたのを受けた措置。」とあるが、当方からすればこれは「入れず」ではなく「入らず」だとしか思えない。
 旅行自粛で多くのホテルが空いているのだから「宿泊施設」の確保が難しいとはどうしても思えないからである。
 もしホテル側が首を縦に振らないなら、それは借りる側が金を出し惜しみしているに過ぎないのだろう。
 この方針転換の弊害は何か。

 5月6日の時事ドットコムは,”臨時医療施設も入院措置対象に 新型コロナ、容体急変に対応―加藤厚労相
 加藤勝信厚生労働相は6日、新型インフルエンザ対策特別措置法に基づき都道府県が設置する臨時の医療施設を、感染症法に基づく強制的な入院措置の対象機関に含める方針を示した。視察先の横浜市内で記者団に明らかにした。
”と報道した(リンクはこちら)。


 このように大きく例外を認めてしまうとこの「感染症法に基づく強制的な入院措置の対象機関に含める方針」がもはや有名無実になってしまったということである。
 そんなことを思いながら他の記事を読んでいたら次の報道があった。

 8月7日の日刊ゲンダイDIGITALは,”無断で抜け出し コロナ軽症“困ったチャン”の強制隔離は?
 新型コロナウイルスの20代男性患者が、無断で宿泊療養施設を抜け出し、コンビニでさきイカとチーズかまぼこ、コーラを買っていた。
 今月3日午前5時ごろ、大阪市住之江区の軽症者、無症状者の宿泊療養施設「大阪アカデミア」で療養中の陽性患者が警備員の「監視」の目をかいくぐり、外出。近くのコンビニで買い物をして施設に戻ったが、鍵がかかっていて閉め出され、警備員に見つかった。
 大阪府健康医療部の担当者は「感染症法で強制的に隔離することはできず、勧告に従わないからといって、強制的に連れて行くこともできません。あくまで人権に配慮して、要請します」とこう続ける。
「療養施設とはいえ、入院と同じ扱い。抜け出したからといって、罰則も拘束する権限もありません。感染が確認されれば、勧告をして入院してもらうよう説得します。逃げ出した場合? 捜して見つかれば、また説得します。捜査機関に頼ることもできないため、関係者に聞いてもらいますが、隠されたり、逃げられたりすると、法律上は何もできない。お手上げです。感染の蔓延につながりかねないので、そうならないようにお願いするしかありません」
 全国各地で不届きモノが続出したら、大変だ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「大阪府健康医療部の担当者は「感染症法で強制的に隔離することはできず、勧告に従わないからといって、強制的に連れて行くこともできません。あくまで人権に配慮して、要請します」とこう続ける。」とあるが、この「無症状者の宿泊療養施設「大阪アカデミア」」が「臨時の医療施設」に該当するならば、この言い分は上の「加藤厚労相」の発言と矛盾するものであり明らかに間違いである。
 用意周到な吉村知事なら当然、「臨時の医療施設」化位の体制整備はしているだろう。

 ただ現状では「強制的に連れて行く」ための規定はないから、そうするためにはその旨の規定が必要である。
 しかしだからといって「隔離」が「強制的」でないとは言えない。
 条例さえ整備すればその違反に対する行政罰を課することも簡単である。

 とにかく地方自治体の担当者がこんな間違った認識を持っているなら問題である。
  1. 2020/08/08(土) 00:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"吉村知事、療養中男性が無断帰宅に「強制できない」" 吉村知事も大阪府担当者と同じ考え違いをしているのか、それともそもそも宿泊療養施設が臨時の医療施設に該当していないのかのどちらなのだろうか。医師・看護師はオンコールだと臨時の医療施設の要件を満たしていないことになる!! | ホーム | "コロナ対策、予備費1.2兆円支出 持続化給付金で80万社支援―政府" こんなチビチビやっていたのでは到底、60兆円の補正予算の年度内執行には間に合わないのではないか。定額給付金をもう一度実行することが最も効果的かつ効率的。臨時交付金さえ増額すれば、もう一度成人に配ることは容易!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4313-e7570c7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)