fc2ブログ
2020/08/25

"安倍最長政権を下支えした「官邸官僚」 高い能力と忠誠心" 全く説得力なし。日本人が積極的選択をしない理由は日本人に勇気と覚悟がないから。それを持たせる唯一の方法は日米安保条約の廃棄!!

 8月24日の産経新聞は,”安倍最長政権を下支えした「官邸官僚」 高い能力と忠誠心、霞が関発の不祥事も
 安倍晋三首相が24日に連続在職日数で歴代単独1位となった背景には、高い忠誠心を持ち、首相官邸の業務に精通した「官邸官僚」の存在がある。政治主導の名の下で官僚を過度に排除して行き詰まった旧民主党から政権を奪還した首相は有能な官僚を積極的に起用。「安倍1強」を盤石にした一方、最近はほころびも出始めている。
 一橋大の中北浩爾教授(政治学)は「『安倍官邸』の強さは首相と側近との固い絆、内閣人事局をテコにした人事の掌握、弱い野党による長期政権化の3点がそろったためだ」と指摘。「厳しい国際情勢の中で官邸主導の流れは今後も続くが『ポスト安倍』が誰であっても今のような強い官邸はつくれず、政権運営は不安定になるだろう」と話している。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「安倍晋三首相が24日に連続在職日数で歴代単独1位となった背景には、高い忠誠心を持ち、首相官邸の業務に精通した「官邸官僚」の存在がある。」とあるが、全く説得力がない。
 果たしてこの7年8か月で「安倍晋三首相」が成し遂げた政治的成果が何かあっただあろうか。
 当方に言わせれば、マイナスは沢山あるが、プラスは全くない。

 では「連続在職日数で歴代単独1位となった背景」は何か。
 「一橋大の中北浩爾教授(政治学)は「『安倍官邸』の強さは首相と側近との固い絆、内閣人事局をテコにした人事の掌握、弱い野党による長期政権化の3点がそろったためだ」と指摘。」とあるが、「弱い野党による長期政権化」が唯一の理由だと言わざるを得ない。

 では「弱い野党」の原因は何か。
 それは安倍政権とは何も関係がなく、インターネットの普及により日本人が反日マスコミの世論工作に騙されなくなったことが大きいと思われる。
 要するに「安倍晋三首相」への支持は消去法的な選択だいうことである。

 では日本人が積極的選択をしない理由は何か。
 それはやはり日本人に勇気と覚悟がないからだろう。
 それがないから「安倍晋三首相」のような事なかれ主義の無責任政治家を選択してしまうのである。

 では日本人に勇気と覚悟を持たせる方法は何か。
 残念ながらそれは言論では無理である。
 実際に日本人に生存上の試練を与えるほかない。
 そしてそれを妨げているのが日米安保条約である。
 手っ取り早く日本人を覚醒させる唯一の方法は日米安保条約の廃棄である。

コメント

非公開コメント