FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"日印豪、サプライチェーン強靱化に向けた取り組みで合意-経済相会合" 「中国の支配力に対抗する」ためには中国が「自由、公正、包摂的かつ無差別」ではないとはっきり指摘しなければならないが、自民党議員には絶対に無理!!

 9月1日のブルームバーグは,”日印豪、サプライチェーン強靱化に向けた取り組みで合意-経済相会合
 日本とインド、オーストラリアの経済相は1日開いた会合で、インド太平洋地域のサプライチェーン強靱化に向けた取り組みを行うことで合意した。日印豪の3カ国は貿易を巡る中国の支配力に対抗するため連携を模索していると、事情を知る日印の関係者がこれまでに明らかにしている。
 共同声明によると、3カ国の経済相はサプライチェーン強靱化イニシアチブの年内開始に向け早急に具体策を打ち出すよう各国の当局者に指示した。会合は1日午後にテレビ会議形式で行われ、梶山弘志経済産業相のほか、インドのゴヤル商工相、豪州のバーミンガム貿易・観光・投資相が出席し、共通認識を持つ域内諸国に参加を呼び掛けたという。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「貿易を巡る中国の支配力に対抗するため」とあるが、この「取り組み」には何か具体的な政策手段が検討されているのだろうか。
 「中国の支配力に対抗する」と言うからには「印豪」を「中国」に比べ有利な位置に置かなければならないはずである。
 この「取り組み」には「共同声明」が発表されており、次のとおりある(リンクはこちら)。

2. 閣僚は、自由、公正、包摂的かつ無差別で、透明性があり、予測可能で安定した貿易・投資環境の実現と、開かれた市場の維持にあたって、先導的な役割を果たす決意を再確認した。
4. 閣僚は、インド太平洋地域におけるサプライチェーン強靱性に係る地域的な協力の緊急的な必要性を認識し、協力を通じてこの目的を達成するための新たなイニシアティブの立ち上げに向けて取り組む意思を共有した。閣僚は、本年中に新たなイニシアティブを立ち上げるべく、迅速にイニシアティブの詳細を検討するよう事務方に指示した。



 「迅速にイニシアティブの詳細を検討するよう事務方に指示した」とあるのはいいが、「自由、公正、包摂的かつ無差別で、透明性があり、予測可能で安定した貿易・投資環境の実現と、開かれた市場の維持」と言っているだけでは、どうひっくり返しても「中国の支配力に対抗する」ような政策手段は出てこないだろう。
 そうするためにはその上で「中国」が「自由、公正、包摂的かつ無差別」ではないとはっきり指摘しなければならない。
 これまで「中国」との友好しか唱えたことのない自民党議員にはそんなことは絶対に無理である。
  1. 2020/09/04(金) 07:13:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"カニ密漁、後絶たず EEZに外国船 「裏付け」難しく/北海道" 「巡視艇で近づくと逃げる」なら発砲して停止させればいいだけのこと。海上保安庁の言い分は武器の使用をしない言い訳を探しているとしか言いようがない!! | ホーム | "コロナ自宅療養、LINEで健康観察 都があすから導入" 根本的間違いが2点。第1は育児を理由に自宅療養を認めることは子供への感染を容認していること。第2は自宅療養で確認すべきことは患者が勝手に出歩かないようにすること!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4340-5f920eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)