FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"新型コロナ対策分科会の尾身氏が講演 日本公衆衛生学会で" 今後やっていかなければならないのは感染源と想定される人物に広くPCR検査を実施すること。いかにその強制を行うかが課題。菅政権の大臣のやる気と能力が問われる!!

 10月20日の産経新聞は,”新型コロナ対策分科会の尾身氏が講演 日本公衆衛生学会で
 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は20日、オンラインで開催された日本公衆衛生学会の学術総会で講演し、現在の感染状況について「国全体で感染者数が増加傾向にあり、注意が必要だ」と警戒を呼び掛けた。
 尾身氏は、これまでの分析で感染リスクが高いとされる場面を紹介。飲酒を伴う懇親会以外にも、職場での休憩時間や車の移動で感染が広がるケースがあると指摘した。「みなさんには実際に感染が拡大した状況について広く理解してほしい」と述べ、具体的な事例を共有することの重要性を訴えた。
 また、日本のコロナ対策を振り返り、「準備不足の状態で始まったが、医療関係者や保健所の皆さん、市民の協力のおかげで死亡者数や重症患者数が抑えられた」と評価した。
 一方で、「日本のPCR検査数が少ない」と指摘されている点については、「PCR検査を増やしたとしても、感染抑制につながるとはいえない」と反論。市民に広くPCR検査を実施するよりも、濃厚接触者への調査結果を基に対応策を講じた方が拡大防止に効果的だと強調した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「一方で、「日本のPCR検査数が少ない」と指摘されている点については、「PCR検査を増やしたとしても、感染抑制につながるとはいえない」と反論。」とあるが、これは当然である。
 重要なのは「検査」することではなく、「検査」により陽性が判明した時にどう「隔離」するかだからである。
 残念ながら我が国はこの「隔離」がほとんどできていない。
 だから「検査」の拡大が全く「感染抑制」につながらないのである。

 しかしこの「隔離」がほとんどできていないという点においては先進国はどこも似たり寄ったりである。
 「隔離」が大きな人権制約につながるからである。
 したがって先進国は勢い「隔離」ではなく「ロックダウン」、我が国で言えば「緊急事態宣言」のような十把一絡げの手法に走り勝ちである。
 しかしこのやり方は余りにも経済に対する負担が大き過ぎる。
 したがって我が国としてはもうこのようなやり方に頼ることはできないのであり、抵抗はあっても「隔離」はやっていかなければならない。

 他方で「市民に広くPCR検査を実施するよりも、濃厚接触者への調査結果を基に対応策を講じた方が拡大防止に効果的だと強調した。」とあるのは全く間違いである。
 というのは「濃厚接触者への調査結果」といっても現状でやっているのは単に陽性判明者の感染推定時期からの該当者を調査して「検査」を促しているだけである。
 要するにその人物への感染源となった人物は何も調査していないということである。
 これでは感染源が野放しということであり、感染拡大には何も役立たない。
 したがって我が国で現状、感染拡大が抑えられているのは何も我が国のコロナ対策が成功しているというより単にアジア人としての遺伝子によるものだろう。
 欧米と一部の西アジア以外には大して感染拡大していないのでありやはり何らかの遺伝子が作用していると考えられるからである。

 とはいえ今後、経済を本当に元の形に戻そうとすればやはり感染拡大は避けられないのであり、「検査と隔離」はしっかりやっていかなければならない。
 したがって今後やっていかなければならないのは、「市民に広くPCR検査を実施する」必要はないとしても、「感染源と想定される人物に広くPCR検査を実施する」ことである。
 当然、相手方はこれを拒否するだろうから、いかにその強制を行うかが課題である。
 そのためには当然、法令改正が必要であり、菅政権の大臣のやる気と能力が問われるところである。
  1. 2020/10/22(木) 02:32:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"自民・甘利税調会長、3次補正予算「間違いなくある」" 名目GDPの年間の落ち込み想定額を69.1兆円とすると残る予算不足額は13.5兆円になる。残りの年度期間を考えるといい数字である!! | ホーム | "ASEANとサプライチェーン強化で連携" 直近の3か月程で行われたことは補助金予算860億円の増額だけ。脱中国依存が成功するかどうかは日本人が為替レートの不合理さを問題視できるかどうかにかかっている!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4388-a51da223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)