FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"中国海警局が尖閣で「武器使用」も 中国が海警法の草案公表" 何が「驚くべき」なのかさっぱり分からない。同様の内容は我が国の海上保安庁法にも規定されている。驚くべきなのはむしろ我が国に対してであり、法律でそう規定されているにも関わらずそのように執行されていないこと!!

 11月6日のzakzakは,”中国海警局が尖閣で「武器使用」も 中国が海警法の草案公表 海保や日本漁船に迫る危険 識者「尖閣への日本人常駐を急げ」
 中国が警戒すべき法案成立に乗り出した。中国海警局の権限を定める海警法の草案で、外国船が中国の管轄する海域で違法に活動し、海警局の停船命令などに従わない場合は武器の使用を認めると記されているのだ。中国は沖縄県・尖閣諸島の領有権を一方的に主張しており、中国海警局の公船が連日のように周辺海域に侵入している。尖閣周辺で相対する海上保安庁や日本漁船が対象となる危険性もありそうだ。
 驚くべき草案は、中国の全国人民代表大会(全人代=国会)が4日に公表した。80条で構成され、国家主権や海洋権益を損なう行為を予防し阻止するため、海警局が領海や接続水域を含む管轄海域でパトロールや監視を行うとした。南シナ海を念頭に、人工島を守るため必要な措置を取るとも盛り込んだ。
 さらに、領海などに違法に進入した外国船を強制的に駆逐する権利があると明記し、警告の効果がない場合や緊急時は、携行している武器を使えると規定した。
 今回の草案をどうみるべきか。
 東海大学海洋学部の山田吉彦教授(海洋政策)は「中国は国際法上を無視するように、力を背景に、国内法で一方的に正当化し、体系立てて海洋進出を加速している。今回の草案は、象徴的な出来事だ。米大統領選で米国が動けないタイミングを狙った動きだろう。尖閣周辺の日本漁船などを脅し、周辺海域から追い出すのが目的ではないか。日本政府は、尖閣の島々に日本人を常駐させ、実効支配を強める態勢作りを急ぐべきだ。中国は国際社会に挑戦している。ASEAN(東南アジア諸国連合)と危機感を共有し、連携して明確な対抗措置を打ち出すべきだ」と語っている。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「驚くべき草案」とあるが、何が「驚くべき」なのかさっぱり分からない。
 「さらに、領海などに違法に進入した外国船を強制的に駆逐する権利があると明記し、警告の効果がない場合や緊急時は、携行している武器を使えると規定した。」とあるのは極めてノーマルな内容である。
 10月1日のエントリーでも指摘したように、同様の内容は我が国の「海上保安庁法」にも規定されている(リンクはこちら)。
 「驚くべき」なのはむしろ我が国に対してであり、法律でそう規定されているにも関わらずそのように執行されていないことである。
 
 また「日本政府は、尖閣の島々に日本人を常駐させ、実効支配を強める態勢作りを急ぐべきだ。」とあるが、これもおかしな主張である。
 相手は「武器」を使用すると言っているのだから、そんなところへ丸腰の文民を送り込んでも単に人身御供になるだけである。
 そしてそれ以前に相手はすでに洋上で領海侵犯という違法行為を行っているのだから、まずそれを取り締まるべきである。
 そしこのことに関しては相変わらず次のような間違ったコメントが並んでいる。

no nameID: c49892通報
憲法改正の方が最優先。
人質になるか若しくは射殺される危険性のある場所に、官民問わず日本人を常駐させるのはリスクが高すぎる。


 「中国海警」への取り締まりは単なる警察行動だから当然のことながら「憲法9条」の対象ではない。
 これは海上保安庁はもちろん海上自衛隊が行っても同じことである。

 とにかくトランプ政権ができたことによって4年間遅れたが、いよいよ来るべきものが来たのであり、自民党政権の無様な対応が日本人を覚醒させる日も近いだろう。
  1. 2020/11/07(土) 00:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"東京都 新型コロナ 新たに294人感染確認" 「42%にあたる123人は濃厚接触者」とあるのは感染症対策の基本である「隔離」が全く適正に執行されていない証拠。都民ファーストの会の「12月に開かれる次の都議会定例会に条例案を提出する方針」の結果に注目!! | ホーム | "バイデン大統領が誕生したら、日本にはどんな影響が出るのか" 「バイデンの外交政策の中心はヨーロッパ」とあるのは全くそのとおり。バイデン政権の下では日米関係の疎遠化は避けられない。できれば総選挙が少しでも遅くなり、菅政権が変化に対応できない無能さをさらけ出した後で行われることが望ましい!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4404-97e376cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)