FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"米ファイザー、ワクチンの効果9割超に" 欧米の方が遥かにコロナ禍は深刻だからどう考えてもファイザーが2021年6月末までに6千万人分を日本に差し向けるとは思えない。なぜ日本政府は日本国内で開発することにもっと注力しないのだろうか!!

 11月9日の日経新聞は,”米ファイザー、ワクチンの効果9割超に
 米製薬大手のファイザーは9日、開発中の新型コロナウイルスのワクチンの治験で予防の有効性が90%を超えたとする初期データを発表した。同社は11月中にも米食品医薬品局(FDA)にワクチンの承認を申請するとみられる。世界各国で新型コロナの感染ペースが高まるなか、ワクチン実用化に向けた動きが本格化してきた。
 ファイザーは規制当局の承認が得られれば、年内に世界で最大5000万回分(2500万人分に相当)、21年末までには最大13億回分のワクチンを製造する計画だ。日本政府は同社から1億2000万回分のワクチンの供給を受けることで基本合意している。
”と報道した(リンクはこちら)。


 この報道には非常に注目すべきである。
 それはもちろん「日本政府は同社から1億2000万回分のワクチンの供給を受けることで基本合意している。」という事実があるからである。
 その際の報道は次のとおりである。

 7月31日の日経新聞は,”日本、米ファイザーとワクチン供給基本合意 6千万人分
 加藤勝信厚生労働相は31日、米製薬大手ファイザーが開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、2021年6月末までに日本側が6千万人分の供給を受けることで基本合意したと発表した。新型コロナのワクチンで初めて、製薬会社から供給を受ける合意に達した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 しかし本当に「2021年6月末までに日本側が6千万人分の供給を受ける」ことは可能だろうか。
 欧米の方が遥かにコロナ禍は深刻であり、米国内でさえまだ供給されていないのだから、どう考えても「米製薬大手ファイザー」が「2021年6月末」までに「6千万人分」を日本に差し向けるとは思えない。

 なぜ日本政府は日本国内で開発することにもっと注力しないのだろうか。
 ネックとして考えられるのは「技術水準」と「開発費用」である。
 「技術水準」の方は一朝一夕にはどうにもならないが、「開発費用」の方は国が面倒を見れば何とかなる。
  厚生労働省のHPに「新型コロナウイルス感染症のワクチンについて」というページがある(リンクはこちら)。
 それには次のとおりある。

現在の国内でのワクチンの開発状況<主なもの>
 国内では数多くの企業や研究機関がワクチンの開発や生産体制の整備に取り組んでいます。

コロナワクチン開発の進捗状況(国内開発)<主なもの>
基本情報研究費
①塩野義製薬
感染研/UMNファーマ
※組換えタンパクワクチン
・AMED(R1年度)100百万円 感染研
・AMED(R2年度一次公募)1,309百万円 塩野義
・AMED(R2年度二次公募)
②第一三共
東大医科研
※mRNAワクチン
・AMED(R1年度)150百万円 東大医科研
・AMED(R2年度二次公募)
③アンジェス
阪大/タカラバイオ
※DNAワクチン
・厚労科研(R1年度)10百万円 大阪大
・AMED(R2年度一次公募)2,000百万円 アンジェス
・AMED(R2年度二次公募)
④KMバイオロジクス
東大医科研/感染研/基盤研
※不活化ワクチン
・AMED(R2年度一次公募)1,061百万円 KMバイオロジクス
・AMED(R2年度二次公募)
⑤IDファーマ
感染研
※ウイルスベクターワクチン
・AMED(R2年度一次公募)124百万円 IDファーマ


 これを見ると、「研究費」の合計は数字が出ているものだけで4,754百万円ある。
 そこそこの金額は出ているから、開発費用不足を開発の遅れの理由にするのは困難だと思う。
 すると残るのは「技術水準」ということになるが、米国はともかくそれ以外の国と比較して我が国が「技術水準」で劣るとは思えない。
 ガンガン費用をかけてもいいから、とにかく早く開発してもらいたい。
  1. 2020/11/11(水) 00:38:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"3次補正予算案「最低15~20兆円規模必要」公明 竹内政調会長" 少し予想よりは大きかったが誤差の範囲内。問題はその執行が可能かどうか。予備費は3分の2近くが残っている。どんどん地方へ流してさっさと予算を消化すべき!! | ホーム | "バイデン政権は日韓の和解を強く求めることになるだろう" 具体的に言えば、徴用工合意の締結と輸出管理の撤廃であるが、これらはうまく行かないだろう。前者は金額が莫大になるし、後者は米国の指示でやり始めたとしか思えないから!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4408-46391dbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)