FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"ベルリン慰安婦像の撤去遠のく 韓国系市民団体などが巻き返し" 我が国が本気で慰安婦像の撤去をしたいなら、まずやるべきことは「河野談話」や「日韓合意」の破棄。それをやらない限りは我が国の反論には何の説得力もない!!

 12月5日の産経新聞は,”ベルリン慰安婦像の撤去遠のく 韓国系市民団体などが巻き返し 
 ドイツの首都ベルリン市ミッテ区に設置された慰安婦像の撤去が遠のいている。ミッテ区のフォンダッセル区長が10月に撤去命令を出したものの、韓国系市民団体などの巻き返しにより命令撤回の意向を今月1日に表明。像の設置が当面維持されることが事実上決まった。日本政府は早期撤去に向け粘り強く取り組むと同時に、像の設置を未然に防ぐ施策を強化する必要がある。
 「日本政府の立場やこれまでの取り組みと相いれない、極めて残念なことだ」
 茂木敏充外相は4日の記者会見で、慰安婦像の撤去命令が撤回されたことについてこう述べ、早期撤去を求めていく考えを示した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「日本政府の立場やこれまでの取り組みと相いれない、極めて残念なことだ」とあるが、当方に言わせれば、これは「日本政府の立場やこれまでの取り組み」の当然の帰結だとしかいいようがない。
 まずこの「日本政府の立場やこれまでの取り組み」とは何かといえば、次のような報道がある。

 11月2日の日経新聞は,”慰安婦見解、独語で発信 外務省、少女像設置受け
 外務省は韓国系市民団体によるドイツでの慰安婦少女像設置を受け、女性を「性奴隷」にした事実はないなどとする慰安婦問題の見解をドイツ語に訳し、2日までにホームページに掲載した。日本政府の歴史認識をドイツ世論に直接伝え、浸透を図る狙いがある。
 ドイツ語に訳した見解の題名は「慰安婦問題についてのわが国の取り組み」。「性奴隷」という表現に関し「事実に反するので使用すべきでない」と訴えている。旧日本軍が被害女性を「強制連行」したとの指摘についても、日本政府が確認した関連資料の中に見当たらないとして反論した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 まず「女性を「性奴隷」にした事実はない」とあるのは正しい。
 また「「性奴隷」という表現に関し「事実に反するので使用すべきでない」と訴えている。旧日本軍が被害女性を「強制連行」したとの指摘についても、日本政府が確認した関連資料の中に見当たらないとして反論した。」とあるのもそのとおりである。

 しかしこれらの主張は明らかに「河野談話」や「日韓合意」とは矛盾する。
 もし我が国が本気でこのような主張を突き通そうとするなら、「河野談話」や「日韓合意」は直ちに破棄しなければならないものである。
 しかしそうしない以上は第三者から見れば、少なくとも事実関係については我が国は韓国の主張を認めているということになる。 
 したがって将来2度とこのような悲惨な事態が発生しないよう「慰安婦像」を立てることにも意味があるという結論になるだろう。

 とにかく我が国が本気で「慰安婦像の撤去」をしたいなら、まずやるべきことは「河野談話」や「日韓合意」の破棄である。
 それをやらない限りは我が国の反論には何の説得力もない。
  1. 2020/12/06(日) 00:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"新型コロナワクチン開発、米ファイザーやモデルナに比べ日本が大きく劣る理由" 我が国もトランプ政権の「ワープ・スピード作戦」に見習ってもっと大規模な財政支援をすべきあった。日本人のワクチン接種が遅れるとしたら安倍晋三前首相は万死に値する!! | ホーム | "【主張】コロナワクチン 早期接種へ万全の準備を" 我が国は欧米の後に供給されるだろうから「2021年6月末」には果たしてどれだけ供給されるか見通しは付かない。今年の春先にマスクやアルコール消毒液で痛い目に会ったにもかかわらずまた同じ轍を踏んでいることになる!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4433-ba838eeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)