FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"第3次補正予算案 一般会計総額、19兆円程度で調整" 額については何も異論はないが、この件でよく分からないのは既決予算の執行率が低いのに新たに補正予算を立てる意味。このまま行くと来年の決算でどかんと不用額が発生する可能性がある!!

 12月8日のJNNは,”第3次補正予算案 一般会計総額、19兆円程度で調整
 新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた新たな経済対策を踏まえ、政府は、今年度の第3次補正予算案について、一般会計の総額で19兆2000億円程度とする方向で最終調整しています。
 政府は8日、臨時閣議を開き、新型コロナウイルス対策やGoToトラベルの期限延長、脱炭素社会に向けた技術開発支援の基金などを盛り込んだ新たな経済対策を決定します。
 事業規模はおよそ73兆6000億円で、今年度の第3次補正予算案と来年度予算案にあわせておよそ30兆6000億円を計上するということです。
 このうち今年度第3次補正予算はおよそ20兆1000億円で、一般会計はおよそ19兆2000億円、特別会計はおよそ1兆円となっています。また、財政投融資はおよそ7兆7000億円で、3次補正での追加額はおよそ1兆4000億円となっています。
 政府は、最終調整を行った上で、臨時閣議で決定する方針で、この経済対策をもとに第3次補正予算案と来年度予算案の編成作業を急ぐことにしています。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた新たな経済対策を踏まえ、政府は、今年度の第3次補正予算案について、一般会計の総額で19兆2000億円程度とする方向で最終調整しています。」とあることには何も異論はないが、この件でよく分からないのは先日も書いたように、既決予算の執行率が低いのに新たに補正予算を立てる意味である。
 このことについては国会で継続的に指摘されているので、前回以降の分を紹介しておきたい。

1.令和2年12月1日 参議院 内閣委員会(リンクはこちら)
○矢田わか子君 加えて、妊婦については、総合事業というので百六十三億円も予算組んでいただいたんですね。ところが、執行率を見ると極めて低い。孤立化する妊婦に対して育児支援やりますよとおっしゃったのに一一%しかまだ使われていないとか、オンラインのパパママ学級、これも、まあ地方自治体が主導権を持っていらっしゃるので難しいかもしれませんが、一六%なんです、まだ。
○田村智子君 埼玉の場合、病床確保の目標、四月から七月までは六百床、八月から来年三月までは一千四百床、いずれも押さえているんですよ。既に医療機関に対しても来年三月までの空床補償の金額は概算払として支払ってもいるんですよ、支払済みなんです。ところが、この病床確保事業の交付額に対する執行率は四〇・四%。もう目標を押さえて、その分のお金も出して、だけど執行率四割ですよ。これ以上どうやってお金が動くのか分からない状態なんですよね。

2.令和2年11月24日 参議院 文教科学委員会(リンクはこちら)
○斎藤嘉隆君 大学生の修学支援制度について、これ、安倍前総理肝煎りの大学無償化政策ですけれども、資料の方も用意をしましたが、四人世帯で年収二百七十万以上三百万円未満、三分の二、それ以下については授業料全額免除、三百八十万円未満は三分の一免除というのがあります。これまでもいろいろ議論をさせていただきましたが、これ以上の中間層世帯への支援が、国レベルでは明確なものがないというふうに認識をしています。授業料減免の年収が昨年度より引下げになっているという状況もあって、昨年は減免対象であった学生が今年は減免されないという事例も出ていて、先ほど申し上げた声もどうしても大きくなっているのかなというふうに思っています。
 でも、よく分からないんですけど、十一月十六日時点での一次補正、二次補正の執行率を見ると、家計急変家庭の学生に対する支援七億円、これ執行率四三%だと認識していますし、困窮学生に対する支援百五十二億円のこの二次補正、これは執行率一六%なんですね。これはなぜこんな状況が生まれているんですか。


3.令和2年11月19日 参議院 厚生労働委員会(リンクはこちら)
○田島麻衣子君 もう一つ大臣に対してお伝えしたいのは、一次補正予算、二次補正予算でたくさんのいい政策が立てられて予算も付けられているんですが、これが全く執行されていない部分というのが物すごく多いんです。例えば、休業支援金ですね、休業給付金というのの執行率というのはまだ八・四%。それから、妊婦の方々に対する対応というのは、これは、ごめんなさい、非常に少ないものになっています、四・七%ですね。

4.令和2年11月17日 参議院 厚生労働委員会(リンクはこちら) 
○石橋通宏君 資料の六に改めて休業支援金、僕らは六月の通常国会の雇用保険法特例の審議段階でも問題点を指摘をさせていただいて、これでは大きな穴が空くと。だから、残念ながらやっぱりそういう結果になってしまったなという思いでいっぱいなんです。少しずつ、期間も延長されましたので、給付が行われておりますが、それでも確保していただいた五千四百億何がしの予算のいまだ八%ちょっとの執行率にとどまってしまっています。

 内容自体は福祉・文教分野に偏っているので問題ないのであるが、とにかく言いたいことは既決予算の執行率が低いことである。
 「第3次補正予算」は最終予算だから、このまま行くと来年の決算でどかんと不用額が発生する可能性がある。
 これでは後になって、「あの補正予算は何だったのか」という話になるだろう。
 国会で議論されているのだから自民党議員も知っていると思うが、それでも組替えではなく増額の補正予算を要求する意図は何なのか、本当に理解できないことである。
  1. 2020/12/12(土) 01:09:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"菅内閣不支持率49%、初めて支持上回る コロナ対策評価せず62% 毎日新聞世論調査" 「都道府県知事と緊密に連携」は全く「指示」には値しない。そのことは余りにも当然のことであり、それ以上に都道府県知事のできることは財源的にも権限的にも限られているのだからそうやっているだけでは何の解決にもならないから!! | ホーム | "東京新たに602人 30・40代過去最多" 「家庭内感染」が多いのは「隔離」が適切に実行されていない証拠。また「施設内感染」が多いのは「検査」がまだまだ不足している証拠!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4439-126cbbdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)