fc2ブログ
2020/12/24

"【主張】来年度予算案 財政悪化の現実忘れるな" 基本的に考え方が間違い。現代の経済制度では財政赤字が通貨供給量の裏付けとなっているのだから財政赤字だからといって問題視する必要がないから。他方でMMTもまた間違い!!

 12月22日の産経新聞は,”【主張】来年度予算案 財政悪化の現実忘れるな
 政府が一般会計総額106兆6千億円の令和3年度予算案を閣議決定した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2年度当初予算より4兆円近くも膨らみ、9年連続で過去最高を更新した。
 2年度予算についても、15日に閣議決定した3次補正まで含めると、175兆円を超える尋常ならざる規模まで膨らんだ。
 看過できないのは、コロナ禍が収束した後の財政のありようについて全く道筋を描けていないことだ。危機に際し財政の力強い後押しが必要なのは当然としても、極度に悪化した財政の現実から目をそらすことは許されない。
 このままでは、令和7年度の基礎的財政収支(PB)の黒字化目標の達成も絶望的だろう。経済環境が激変する中で財政をどう立て直すのか。この点について菅首相は明確に語るべきである。
 国の歳出はリーマン・ショックで一気に拡大した後も元の水準に戻ることはなく、景気回復が続く中でも増加の一途をたどった。その中でのコロナ禍である。
 いったん膨らんだ予算を元に戻すのは難しいのが現実だ。だからこそ、平時に戻ったときの具体的な対応について、国民に明示する必要がある。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「このままでは、令和7年度の基礎的財政収支(PB)の黒字化目標の達成も絶望的だろう。」とあるが、これは基本的に考え方が間違っている。
 というのは現代の経済制度では財政赤字が通貨供給量の裏付けとなっているのだから、財政赤字だからといって問題視する必要がないからである。

 他方でMMTを信奉する人達が主張するように、「物価上昇さえしなければ財政赤字は問題ない」という考え方もまた間違っている。
 というのは現代の開放経済体制の下では物価が上昇する前に安い輸入品が増大して物価はそう簡単に上がらないからである。
 そしてその反面、国内製品は市場から追いやられ経済には強いマイナス圧力がかかる。
 結果として財政支出を増加すればするほど名目GDPは低下するという笑えない事態に陥ってしまう。
 これがスタグフレーションである。
 我が国の累積財政赤字の規模はそのような事態を引き起こすに十分な量なのであるが、幸いにもそうなっていないのは、約490兆円にも及ぶ日銀当座預金のブタ積みがあるからである。

 おそらく今年度の財政出動により増加する通貨供給量もすぐに日銀当座預金に吸い込まれ、さほど世の中に出回るお金の量は増えないと思われる。
 12月16日のエントリーでは、実際、第2次補正までですでに昨年より約55兆円予算が増えているにも関わらず、世の中に出回っているお金の量は3.9兆円しか増えていないことを示したところである。

 しかし現状で混乱が生じていないのは当方に言わせれば我が国の銀行経営者の無能さの賜物である。
 欧米の銀行経営者ならその日銀当座預金を使って利益の極大化を図るはずだからである。
 具体的に最も手っ取り早いのは有限資産の買い占めである。
 ブタ積みの1%でも使えばそんなことは簡単である。
 古くは米が、バブル期には土地が対象になり、今でも何か国民生活に不可欠なものに目を付ければ同じ事は可能である。
 その際にどれほど大きな混乱が生じるかは想像に難くない。

 とにかく財政支出を増やしたところで中長期的には我が国の景気には大した影響は与えない。
 我が国の不況の原因は財政支出には関係なく、我が国が中国や韓国の不公正な為替レートにより内外の市場を失ったことにあるからである。
 このことに手を付けなければ我が国の経済問題はいつまでも解決できないものである。

コメント

非公開コメント