FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"中学教科書に「従軍慰安婦」 使用是非で再び議論 河野談話が暗い影" これは新しい歴史教科書をつくる会の戦術が悪過ぎる。何かを変えようと思ったら政治の側にピンポイントで当たらなければならない。今回の場合は自民党の保守系議員。そこから身内である文科大臣に言わせればよい!!

 1月28日の産経新聞は,”中学教科書に「従軍慰安婦」 使用是非で再び議論 河野談話が暗い影
 4月から使われる中学校歴史教科書で久々に登場した「従軍慰安婦」の記述をめぐり、再び使用の是非が議論となっている。「新しい歴史教科書をつくる会」などは28日、「使用は日本政府の立場と異なる」として、先月に続き教科書会社に記述削除を勧告するよう文部科学省に要請した。同省は応じない構えで、“不問”とされる背景には同記述が登場する平成5年の河野洋平官房長官談話があり、今も教科書検定に暗い影を落としている。
 昨年12月に申し入れた際には「『従軍慰安婦』という言葉は(先の大戦)当時に存在せず、歴史用語として不適切」や「『従軍』は従軍カメラマン、従軍看護婦などの軍属を指す用語であり、慰安婦が軍属として勤務していた事実はない」などと問題点を指摘した。
 だが、前回の申し入れに対し、文科省は「教科用図書検定調査審議会の学術的・専門的な審議の結果、検定意見は付されなかったので、記述の訂正を勧告することは考えていない」と“ゼロ回答”だった。今回も同様の対応が予想される。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「同省は応じない構えで」とあるのは当たり前である。
 事なかれ主義の権化である我が国の官僚にそんなことを言っていったって、そんな回答しか返ってこないのは最初から分かり切ったことである。
 これは「新しい歴史教科書をつくる会」の戦術が悪過ぎる。

 そうではなく何かを変えようと思ったら政治の側にピンポイントで当たらなければならない。
 今回の場合は自民党の保守系議員である。
 そこから身内である文科大臣に言わせればよいのである。
 もちろん政治の側と言っても次のような報道もある。

 1月29日の産経新聞は,”教科書の従軍慰安婦記述「検定意見付されなかった」 加藤官房長官
 加藤勝信官房長官は29日午前の記者会見で、4月から使われる中学校歴史教科書に「従軍慰安婦」という記述があることについて、文部科学省の教科書検定の基準に沿ったものだとの認識を示した。「教科書検定基準などに基づき、教科用図書検定調査審議会において学術的、専門的な審議がなされ、その結果として検定意見は付されなかった」と述べた。
”と報道した(リンクはこちら)。 
 

 「加藤勝信官房長官は29日午前の記者会見で、4月から使われる中学校歴史教科書に「従軍慰安婦」という記述があることについて、文部科学省の教科書検定の基準に沿ったものだとの認識を示した。」とあるが、これはとりあえずは政府の立場を説明するものでしかないだろう。
 自民党の中から違う声が出てくれば容易に変化する可能性があるということである。

 ちなみに記事の中には「“不問”とされる背景には同記述が登場する平成5年の河野洋平官房長官談話があり」とあるが、歴史的事実として「『従軍慰安婦』という言葉は(先の大戦)当時に存在せず」が正しいのであり、「河野談話」までさかのぼる必要性は必ずしもないだろう。
  1. 2021/02/04(木) 07:27:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"外務省、HPで慰安婦問題の反論拡充 事実と異なる主張に" いくらホームページの記述を拡充しても、「河野談話」を維持していては全く無意味。自民党政権には河野談話の廃棄は不可能。総裁が自党の先輩に対する敬意の念が強い人格者であればあるほどそれは無理!! | ホーム | "日中海洋協議を3日に開催 海警法が焦点か" 当方にとっては驚きを通り越してあきれ果てるほかない。普通の国であればとっくに武力衝突が発生していてもおかしくない状況であるのに、今時まだ「協議」とはどこまで暢気なのかと思う!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4493-2cb14f0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)