FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"「海警法は国際法違反」と発信求める与野党 政府は「運用次第」" 「海警法は国際法違反」は間違い。また「管轄海域が明確ではない」もおかしい。とにかく問題は「海警法」以前に日本側がこれまで中国の領海法を傍観してきたこと!!

 2月21日の産経新聞は,”「海警法は国際法違反」と発信求める与野党 政府は「運用次第」
 中国海警局に武器使用の権限を付与する海警法の施行を受け、政府は「問題のある規定を含む」(菅義偉首相)と懸念を深める。ただ、法律そのものが国際法に反するとの立場はとっていない。内容にあいまいな点が多く、中国の運用に左右される面が大きいためだ。
「国際法違反だと明確にいうことが大事だ」
 国民民主党の前原誠司元外相は17日の衆院予算委員会で、政府にこう迫った。
 国連海洋法条約30条は、領海で沿岸国の法令を順守しない場合は「退去要請」を行うことができると規定する。一方、海警法22条は「武器使用を含むすべての必要な措置」が可能とし、対象も限定しない。前原氏はこうした点が国際法違反に当たると主張する。
 ただ、政府関係者は「海警法をただちに国際法違反と指摘するのは困難」と慎重な立場を崩さない。
 国連海洋法条約は「沿岸国は無害でない通航を防止するため、領海内で必要な措置をとれる」(25条)とも定める。海上保安庁の巡視船も、条件を満たせば外国公船などへの最小限度の武器使用ができる。外務省幹部は「この論点で中国を批判すれば海保の武器使用にも跳ね返る。海警法が国際法違反に当たるかは中国の運用次第だ」と語る。
 しかし、海警法に不透明な点が多いのは事実だ。「管轄海域」での武器使用や強制退去を可能とするが、具体的な範囲や要件は明確ではない。そもそも中国は1992年に制定した領海および接続水域法で尖閣諸島(沖縄県石垣市)を自国領土と位置づけ、領海侵入を繰り返す。既存の国内法や従来の行動と合わせて考えれば「尖閣周辺での運用」(自民党中堅)が念頭にあるのは明らかだ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「前原氏はこうした点が国際法違反に当たると主張する。」とあるが、これは完全に間違いである。
 正しいのは「海上保安庁の巡視船も、条件を満たせば外国公船などへの最小限度の武器使用ができる。」という解釈である。 
 理由は2つ。

 第1に「国連海洋法条約30条は、領海で沿岸国の法令を順守しない場合は「退去要請」を行うことができると規定する。」とあるのは次のとおり「軍艦」に対してであり、「非商業的目的のために運航するその他の政府船舶」に対してではない。

第三十条 軍艦による沿岸国の法令の違反
 軍艦が領海の通航に係る沿岸国の法令を遵守せず、かつ、その軍艦に対して行われた当該法令の遵守の要請を無視した場合には、当該沿岸国は、その軍艦に対し当該領海から直ちに退去することを要求することができる。


 第2に「直ちに退去することを要求することができる」とあるのは「退去することを要求」しかできないと規定する趣旨ではない。
 この点に関しては以前紹介した文献には「軍艦に対して具体的に執りうる保護権の内容と限界については議論があるが、仮に実力行使を伴う措置が採られれば、武力行使の文脈に位置づけられることになろう。」とあるとおりである。

 また「「管轄海域」での武器使用や強制退去を可能とするが、具体的な範囲や要件は明確ではない。」とあるのもおかしい。
 中国は「管轄海域」の範囲を明示的に示していないかもしれないが、「国際法」的には領海と排他的経済水域であり、中国側の論理からすれば尖閣諸島も含まれるので、この点は日本側が問題にすべき理由はない。

 とにかく問題は「海警法」以前に「中国は1992年に制定した領海および接続水域法で尖閣諸島(沖縄県石垣市)を自国領土と位置づけ」にあるのであり、日本側がこれまでこの点を傍観してきたのがおかしいのである。
  1. 2021/02/22(月) 02:23:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"生活保護引き下げ「違法」 全国初の判断 大阪地裁判決" 結論からすれば明らかに間違っている。その最大の論拠は最低賃金との比較。逆転が起きていないからいいというものではなく最低賃金が生活保護の2倍程度の水準でなければ勤労意欲は沸かない!! | ホーム | "自民・細田氏、国費による抗原検査拡充を提言" 非常に妥当。「陽性の人が動き回れば同じことが起こる」全くそのとおり。1月22日に出た通達は昨年の夏頃にはもう出しておかなければならない内容!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4511-4b243e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)