FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"東京五輪、外国からの観客受け入れは3月中、観客上限は4月中に判断" 今となってはもはや無観客しか選択肢はあり得ないだろう。しかしいずれにせよ、「あと4カ月余りで開幕する大会」であるのに現時点でこんなのんびりした議論をしていて大丈夫なのだろうか!!

 3月3日の産経新聞は,”東京五輪、外国からの観客受け入れは3月中、観客上限は4月中に判断
 東京五輪・パラリンピックで焦点となっている観客の取り扱いについて、国内外の新型コロナウイルスの感染状況などをふまえ、海外からの受け入れ可否は3月中、各会場における観客上限は4月中に判断することとなった。3日にオンラインで行われた国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)、大会組織委員会、東京都、政府のトップによる5者協議で合意した。
 複数の政府関係者によると、変異株の出現により不透明感が増したことや、開催を不安視する国内世論にも配慮し、海外からの観客受け入れを見送る方向で調整している。丸川珠代五輪相は「日本政府としては、今、海外からの観客について入国の可否を見通すことは非常に難しく、慎重な判断が必要だと申し上げた。私どもは水際をお預かりしている。何よりも国民の安全と安心を守らなくてはいけない」と強調した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「東京五輪・パラリンピックで焦点となっている観客の取り扱いについて、国内外の新型コロナウイルスの感染状況などをふまえ、海外からの受け入れ可否は3月中、各会場における観客上限は4月中に判断することとなった。」とあるが、今となってはもはや無観客しか選択肢はあり得ないだろう。

 その理由はまず「海外からの観客」については「何よりも国民の安全と安心を守らなくてはいけない」ということに尽きるだろう。

 また「国内の観客」については理由は2つある。
 第1は3月1日のエントリーでも書いたように、「観客」の応援が選手のパフォーマンスに影響するとすれば、むしろ公平の観点から日本国民だけという形は避けるべきだからである。
 第2は「国内の観客」だけなら所詮、経済的メリットは小さいので、感染対策との2者択一なら感染対策を取るべき事は自明だからである。

 しかしいずれにせよ、「あと4カ月余りで開幕する大会」であるのに現時点でこんなのんびりした議論をしていて大丈夫なのだろうか。
 時間的に追い込まれてやむなく中止と言うことにならないように決めるべきことはさっさと決めて、余裕を持った大会運営に心がけるべきだと思う。
  1. 2021/03/04(木) 01:51:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"「日の丸ワクチン」課題多く 危機感に提言相次ぐ 自民がPT初会合" すべては治験の問題に帰着する。国が呼びかけても国民の方から大して手が上がらないようなら日本国民が元々、ワクチンをさして必要としていないということ!! | ホーム | "日ウクライナ安保高官が電話会談 コロナ対策で協力確認" 我が国はウクライナに対して大きな支援をすべき。その理由は北方領土問題。2019年の実績は2億3千万円足らずであるが、もう3桁位上の金額を与えても何も惜しくはない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4521-3efaf090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)