FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"安保対策の土地規制法案 公明難色で閣議決定先送り" 法案はこのまま閣議決定がなされない公算が大きい。また「事前届け出」ではなくなぜ許可制にしなかったのかさっぱり分からない。日本人の覚醒と真正保守勢力伸張の起爆剤になってもらえばそれでいい!!

 3月9日の産経新聞は,”安保対策の土地規制法案 公明難色で閣議決定先送り 私権制限で反発警戒
 政府は安全保障上の重要な土地の買収対策として検討している土地利用規制法案について、目標としてきた9日までの閣議決定を見送った。公明党が過度の私権制約になりかねないとして、自民党に慎重な対応を求めているためだ。公明には、拙速な議論が同党支持層の反発を招き、近づく東京都議選や次期衆院選に影響を及ぼしかねないとの懸念がある。
 「そもそも『事前届け出』はなぜ必要なのか」
 北側氏らベテラン議員が同日の党部会で懸念を示したのは、自衛隊や海上保安庁の施設周囲や国境離島の中でも特に重要な土地として指定する「特別注視区域」についてだった。法案は一定面積以上の売買当事者に氏名や住所、土地の利用目的などの事前届け出を義務付けるためだ。
 虚偽の届け出に懲役を含む罰則を科すなど厳しい内容で、公明には「自由な経済活動を制約しかねない」と修正を求める意見もある。ただ、重要施設への侵入や機能の妨害を企てる不審者をあぶり出すのが本来の狙いで、「事前届け出は法案の肝」(自民関係者)ともいえる。法案の骨格部分で自公の溝は大きい。
 届け出をめぐって罰則を科されても、不審者に所有権は移ってしまうことにも、公明内からは疑問の声が上がる。「私権を制約する以上は、実効性のある内容でなければならない」(ベテラン)との指摘だ。
 公明の懸念は、迫る都議選や衆院選への影響にも及ぶ。中堅・若手には「法案はバランスがとれている」との賛意もあるが、同党の支持層は私権制限への警戒が強いとみられ、幹部は「選挙への影響は無視できない」として慎重な姿勢を崩さない。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「公明党が過度の私権制約になりかねないとして、自民党に慎重な対応を求めているためだ。」とあるのは「公明党」のご勝手だが、「自民党」としてはたとえ連立解消に至ろうともこのまま法案成立に邁進してもらいたい。
 と言っても「自民党」にもそんな覚悟はないだろうから、法案はこのまま「閣議決定」がなされない公算が大きい。

 また「届け出をめぐって罰則を科されても、不審者に所有権は移ってしまうことにも、公明内からは疑問の声が上がる。」とあるのも一理ある。
 当方も「事前届け出」ではなくなぜ許可制にしなかったのかさっぱり分からない。

 とにかく両党ともこのままグダグダに終始し、日本人の覚醒と真正保守勢力伸張の起爆剤になってもらえばそれでいい。
  1. 2021/03/11(木) 03:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"国産ワクチン開発を支援 政府がアジアに治験網 中長期の供給、整備急ぐ" 「開発費用も一部負担」の方は単に日経新聞の認識不足か。しかし「アジアに臨床研究と治験のネットワークを構築」の方も国内でもっと大々的にやることは可能!! | ホーム | "国内感染、新たに1128人 東京290人、前週より増―新型コロナ" こんな調子で本当に五輪の開催が可能か。特に気になるのは意外に年齢の高い層の比率が高いこと。 これはもう完全に市中感染であり、その原因として考えられるのは第1に検査の少なさ、第2に隔離の不徹底!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4528-c80bf224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)