FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"日本のEEZで漁船が韓国船と衝突、けが人なし" 今回の事件で何よりも危惧される点は韓国漁船が密漁をしていたのではないかということ。これを明らかにするためには現場で日本側が臨検をして証拠を突き止める必要があった。自民党政権にはこんな対応は一切無理!!

 3月14日の読売新聞は,”日本のEEZで漁船が韓国船と衝突、けが人なし
 12日午後4時頃、島根県浜田市沖約146キロの日本海上で、鳥取県漁協境港支所所属の底引き網漁船「重宝丸じゅうほうまる」(95トン)と韓国船籍の漁船(20トン)が衝突した。重宝丸の船員10人と韓国船の船員にけがはなかった。
 第8管区海上保安本部によると、現場は日本の排他的経済水域(EEZ)内。境港に自力で戻った重宝丸を調べた結果、船尾付近にへこみなどの傷があり、同本部は事故原因などを調査する。韓国船は今後、韓国海洋警察庁が調べる。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「韓国船は今後、韓国海洋警察庁が調べる。」とあるが、これはなぜなのか。
 「現場は日本の排他的経済水域(EEZ)内」なのだから、すべて日本側が調べればいのではないか。
 これはおそらく日韓漁業協定の条文の影響を受けているのだろう。
 しかし現在、日韓漁業協定は効力を停止中である。
 したがって日本側は日韓漁業協定を考慮する必要がない。

 そして今回の事件で何よりも危惧される点は「韓国船籍の漁船」が密漁をしていたのではないかということである。
 現状では韓国漁船が日本側の「排他的経済水域(EEZ)」に入らなければならない必要性が一切ないのだから、このことは当然である。
 これを明らかにするためには現場で日本側が臨検をして証拠を突き止める必要があった。
 今回のような消極的対応では今後も全くこのことの改善は期待できない。

 長年、韓国とずぶずぶにやってきた自民党政権にはこんな対応は一切無理だから、日本人は覚悟を決めて真正保守政権の誕生に向けて行動を開始すべき時である。
  1. 2021/03/15(月) 06:06:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"東北新社規制違反、総務省「気づかなかった」? 野党攻勢強める" 野党はそんなことを言っていいのか。野党がこの問題を大袈裟に騒ぎ立てることは「寝た子を起こすな」としてスポンサーサイドからお叱りを受けるのではないか!! | ホーム | "「中国包囲網」に温度差 日米豪印、安保色薄く" むしろ一番、「中国との関係悪化は避けたい」と思っているのは我が国であって、それは「経済的な結び付き」は関係なく、とにかく事なかれ主義的体質からそう思っているに過ぎないもの!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4532-b09f022a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)